建設資材卸業に特化したシステムで取引単価・プロジェクト原価管理を実現

導入システム : スーパーカクテルデュオ建材工事

r_mark

  • 営業マンの事務処理負荷を軽減したい
    ・得意先別の取引単価管理が出来ておらず、過去伝票を探さないと取引単価が確認できない。
  • プロジェクト利益を確保したい
    ・全体の原価は把握できるが、 材料、労務費、外注費、経費といった要素別の集計やプロジェクト別の原価管理ができていない。
    ・実行予算時に原価想定を行うが、最終発注時における変更が多いため、原価予測がしきれていない。

k_mark

  • 取引単価のマスタ管理の実現
    ・取引先別単価をマスタ化することで、単価確認の業務負荷と単価ミスの削減を実現。
  • 実行予算登録後に(発注計上で)材料・外注手配注文書を参照作成
    ・営業部門の業務負荷の軽減と手配漏れ防止を図る。
  • 工事番号での紐づけにより工事と物販の一元管理を実現
    ・工事番号で実行予算・工事原価・請求業務を紐付けし、工事進捗や収支管理を徹底。

g_mark

  • 業務効率・業務品質の向上
    ・システム化により営業担当者の仕事量が軽減されただけでなく、ミスが低減されることにより業務品質向上につながった。
  • 利益率の向上
    ・プロジェクト別原価の予実管理を徹底することで利益に対する社員の意識が向上し利益率向上につながった。

お客様概要

  • ・業種 建築材料卸売業
  • ・年商 19億円
  • ・取扱商品 建設資材、染料・工業薬品

システムの特長

  1. 材料、外注、労務、経費等の要素別原価管理に対応
    伝票処理を実施すると、マスタの設定情報に基づいて工事原価に反映させることができます。
  2. 外注業者の支払管理を強化
    注文書入力時に外注業者用の請求書を発行し、出来高請求事務処理の簡略化を実現します。
    (注文書、注文書控、注文請書、外注請求書を発行)
  3. 工事原価の分析業務を支援
    工事台帳、完成工事一覧表 等の原価管理資料をご用意し、管理水準の向上を支援します。