データ一元化による情報の迅速化とコスト削減!

導入システム : Usolia建設業向けERPシステム(PROCES.S)

r_mark

  • 月次作業に時間を要する。
  • リアルタイムに情報が取れない。
  • データの流用性が低い。
g_mark

  • 飛躍的な事務の効率化・経営の迅速化が図れた。
  • データベースを有効活用でき、カスタマイズなしで汎用的な参照・分析ができるようになった。
  • 業務の即時性・簡便性が高まったと同時に、運用費用削減にも繋がった。

お客様概要

C建設会社様は本社と建設本部に各々サーバを置き、マスタメンテナンスの際には二重の作業を必要とされていました。
オフコンで運用していた基幹システムの入れ替えにあたり、この問題を解決できる新システムの導入を検討し、内田洋行ITソリューションズが提案したUsolia建設業向ERPけシステム(PROCES.S)を採用頂きました。

  • ・株式会社C社 様
  • ・北海道
  • ・建設会社

導入システム概要図

導入システム概要図

システムの特長と導入効果

【ご導入システムの特長】
  1. 統合データベースにより、基幹業務で必要なデータ・マスタを一元管理。重複入力を排除します。
  2. 統合されたリアルタイムな社内情報を利用することが可能です。
【導入効果】
  1. 飛躍的な事務の効率化・経営の迅速化が図れた。
  2. データベースを有効活用でき、カスタマイズなしで汎用的な参照・分析ができるようになった。
  3. 業務の即時性・簡便性が高まったと同時に、運用費用削減にも繋がった。

担当営業・SEから一言

データ一元化による情報の迅速化や将来費用も含めたコストの削減が実現できました。