見積業務のシステム化により営業効率を改善し、各案件の進捗を可視化

導入システム : スーパーカクテルデュオ建材工事

r_mark

  • 見積作成に手間がかかる
    ・見積情報の共有化による商談状況の把握が出来ていない。
    ・下請業者からの見積データ活用が出来ていない。
    ・見積書の決済に時間が掛っている。
  • 情報の共有と活用が出来ていない
    ・取引先(仕入先)とのデータ交換が成されていない為に事務処理に手間が掛っている。
    ・基幹システムからの各種データの抽出/データの加工に手間が掛る。
    ・得意先の与信管理が行なわれていない為に、回収不能に陥る。
k_mark

  • 業務の統一による事務処理の効率化
    ・見積システムによる目標利益基準値チェックの実現。
    ・全社の見積案件の進捗を可視化。
  • 情報の共有と活用
    ・見積データを活かした見積清算書の作成。
    ・電子決済及びグループウェアによる見積審査と決済の迅速化。
  • 債権管理の徹底
g_mark

  • 見積業務のシステム化による営業効率の改善
    ・見積作成オペレーション/形式の統一化、作成工数作業の短縮化及び見積情報の共有化が実現。
  • データの2度打ちなど無駄な作業の撤廃
  • 工事別原価管理の精度向上により正確な利益の把握とリスク回避を実現

お客様概要

  • ・株式会社C 様
  • ・業種 内装工事業
  • ・年商 30億円

システムの特長

  1. 予算管理は『材料費』『労務費』『外注費(取付/加工)』『外注請負費』『経費』などの科目別、または工種毎の管理が可能
    各予算を設定することで、予算に対する実績、粗利率、予実差異、原価進捗などをタイムリーに管理できるようになります。
  2. 工事/現場管理業務の効率化を支援
    通常の締めサイクルによる請求のほかに、物件ごとに、完成工事一括請求、出来高に応じた出来高請求処理が可能になります。
    回収状況については『工事台帳』『未成・完成工事一覧表』『未収入金管理表』などで確認ができるようになります。