生産管理システムを導入するメリット

なぜ生産管理を行なうのか

pixta_13095251_M顧客からの注文に沿って原材料を加工し製品を生産する製造業において、顧客が要求する品質や数量や納期を守り、効率的に生産を行なうことが重要です。効率的な生産を行なうために立てる生産計画を管理することを「生産管理」といいます。

製品の需要の予測や実際の受注にあわせ、製品や原材料・部品の調達や在庫の管理を行ない、計画的に生産していくことで、購入コストや保管コストを抑え、利益を確保できます。
この 生産計画がうまくいかない場合、余計な原材料の保管や不足分の購入、不必要な部品の廃棄など、コストがかさむことになり、損失 につながります。

このように、生産管理は製造業において大変重要な要素ですが、その管理範囲は大変広く、製品を作るための在庫や原価の管理はもちろん、人員や場所、設備、生産時期や技術なども管理対象に含まれる場合があります。

また、百社百様と言われるほど企業によって業務の流れや考え方が異なり、複数の部署にまたがった調整等が必要になるケースもあります。

受注生産と見込み生産

製品の生産形態には大きく分けて「受注生産」と「見込み生産」があります。

受注生産とは

顧客から注文を受け、 必要なときに必要な量を生産する方式 で、トヨタ自動車の「ジャストインタイム生産システム(JIT)」はその代表例で、カンバン方式とも呼ばれています。
指定された仕様に沿って生産するため、多品種少量生産が多く、在庫が少ないという特徴があります。

見込み生産とは

受注を予測しあらかじめ生産する、または途中まで生産する方式です。
汎用性のある少品種大量生産の製品が多く、機会損失を防ぐことが期待できますが、在庫を抱えがちであるため、利益を圧迫する可能性があります。

cars in a row at car plantなお、最近では市場競争の激化によって、新商品の素早い出荷販売が求められています。
そのため、仕様の指定がある製品でも、見込み生産して受注に対応する必要があり、受注生産と見込み生産の区別がない、または両方に対応できる体制をもつ企業も増えています。

生産管理システムについて

このように、生産管理は製造業において非常に重要な活動でありながら、管理範囲の広さや企業ごとの業務形態の違い、また世の中の流れによる生産計画の考え方の変化など、実行にあたり非常に高いハードルを超えなければなりません。
実際に在庫の管理やコストの把握を行なっている企業でも、エクセルを使い属人化した共有性の低い方法で、業務の改善点が見つけにくいままになっているケースが多くあります。

複雑な生産管理を可能にするためには、 受注や在庫をデータ化し生産管理を支援する「生産管理システム」を導入 し、社内統合されたシステムでデータを共有し、属人化した環境を脱却することが重要です。

生産管理システムの導入

生産管理システムにはさまざまな種類があります。
食品製造業や化粧品製造業など、特定の業種に特化したERPパッケージや、外部システムとの連携が得意なものもありますので、自社の業務に合わせたものを選択することが重要です。
また、自社や業界独自のルールが多く、汎用的なパッケージソフトでは業務に合わない場合は、 コアシステムを基盤に業務に必要な機能を追加するカスタマイズ方式の生産管理システム があります。

オーダーメイドでは要件定義から稼働までに多くの費用と工数がかかり、そのうえ業務の変化によってシステムの仕様変更が求められる際には、その都度、設計のし直しとなりますが、カスタマイズ方式のシステムなら、メイン機能をコアにして自社に必要な機能を追加することが出来るので、パッケージソフトより柔軟に、オーダーメイドよりもはるかに工数を減らして短期間での稼働が実現できます。
pixta_13095246_M内示・受注→生産計画・製造→発注・受入→出荷といった基本的な業務の管理は、標準パーツのみで可能となり、そのほか 導入企業に合わせた業務機能を追加して、オリジナルシステムを構築 することが出来ます。

原価管理、在庫管理、ハンディとの連携など、製造業が抱える課題にも対応した生産管理システムを導入することで、効率的な生産とコストの改善、業務課題の「可視化」が行なわれ、より的確な生産管理を実現することが出来ます。

Usolia製造業向け生産管理システム(VJit)は、業務に必要な機能を追加するカスタマイズ方式の生産管理システムです。
カスタマイズ方式の生産管理システムなら、自社に必要な機能を追加することが出来るので、パッケージソフトより柔軟に、オーダーメイドよりもはるかに工数を減らして短期間での稼働が実現できます。
受注生産を行う製造業様が効率的に生産を行うための生産計画を管理します。

製造業向け生産管理システム
   

※本記事・または製造業向け生産管理システムに関するお問い合わせは、下記のボタンからお問い合わせフォームへお越しください。