2018/04/02 ピックアップ情報

2018年IT補助金の最新情報!予算5倍・採択数9倍で規模拡大へ!

2018it

最終更新日:2018年4月2日

4月20日より申請開始!2018年IT導入補助金

IT導入補助金とは、正式名称を「サービス等生産性向上IT導入支援事業」と言い、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的として行われました。

本年度は総予算が昨年の100億円から500億円と5倍の規模となっております。
ただし、1件あたりの補助金額は下がり、補助率1/2最大額50万円とされ、今年はより多くの事業者に気軽に補助金を使ってもらう傾向のようです。

2017年と2018年のIT導入補助金概要との比較

  2017年 2018年

所轄官庁

経済産業省 経済産業省

補助金総額

100億円(補正予算)

500億円

補助対象者

中小企業、小規模事業者 中小企業、小規模事業者

想定利用者数

1万5000社

13万5000社

補助金の対象

事前登録されたパッケージソフト・サービス導入費
 ※ハードウェアは対象外
IT導入事業者が、あらかじめ事務局に
登録申請をし、承認を受け、
IT導入補助金事務局のサイトに
補助対象として公開されたITツール
※ハードウェアは対象外

補助率

案件総額の3分の2

案件総額の2分の1

補助額

20万~100万円

15万~50万円

交付申請書受付

一次募集:2017年1月27日~2月28日
二次募集:2017年3月31日~6月30日
 一次公募 

交付申請期間
2018年4月20日~6月4日予定
交付決定日
2018年6月14日(木)<予定>
事業実施期間
交付決定以後~2018年9月14日予定
 二次公募 
交付申請期間
2018年6月中旬~2018年8月上旬<予定>
 三次公募 
交付申請期間
2018年8月中旬~2018年10月上旬<予定>

2018年IT補助金活用ガイド

it2018_guide

■ 制度概要
■ 前年(2017年)との比較
■ 申請~交付の流れ
■ 申請のノウハウ
■ 申請のコツ
■ 申請のための注意事項
■ 交付実例6種ご紹介

PDF資料ダウンロード

PDF:1.2MB

事業の目的とスキーム

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

hojokin2018_1

※スケジュールは2018年3月28日時点の情報です。スケジュールは事務局の都合により変更されることもございます。
※公募の回数は、原則として3回としますが、採択予定数に満たない場合には追加公募を実施することとされております。

スケジュール

hojokin2018_2

※スケジュールは2018年3月28日時点の情報です。スケジュールは事務局の都合により変更されることもございます。
※公募の回数は、原則として3回としますが、採択予定数に満たない場合には追加公募を実施することとされております。

hojokin2018_5

補助対象者

補助対象者に関しましては昨年から大幅な変更はございません。
対象となる主な要件は以下の通りになります。

  • ■ 日本国内に本社及び実施場所を有する中小企業・小規模事業者等。
  • ■ 「みなし大企業」ではないこと。
  • ■ 中小企業・小規模事業者等又はその法人の役員が、暴力団等の反社会的勢力ではないこと。
    または反社会的勢力との関係を有しないこと
  • ■ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律で定める「風俗営業」、「性風俗関連特殊営業」及び「接客業務受託営業」を営むものでないもの

※詳しくは事務局が公開している「公募要領」をご覧ください。

補助金の対象となるIT製品は?

対象となる「ITツール」とは、中小企業・小規模事業者等の補助対象者が導入することによって、生産性の向上が見込まれ、一定の導入効果が得られるソフトウェア製品、クラウドサービス、ホームページ製作等となります。

●注意事項

  • ■ ITツールには「コア機能」として設定されている機能が含まれている必要がございます。
  • ■ IT支援事業者が事務局に申請し、採択されたソフト・サービスのみが補助申請の対象となります。
  • ■ ハードウェアは対象外です。ITツール導入に際し必要となる場合は、別途ご契約が必要です。
  • ■ クラウドサービスは1年分の利用料が申請の対象となります。
  • ■ ホームページは新規開設のみで、既存のページのリニューアル等は対象外となります。

その他、ITツールの申請には条件がございます。詳しくは事務局のサイトをご覧頂くか
内田洋行ITソリューションズまでご連絡お願い致します。

●ITツールは製品単体だけではなく、導入にかかるオプションや人件費も申請が可能です。

hojokin2018_3

2017年IT補助金 内田洋行 IT導入支援コンソーシアム 採択ITツール例

スーパーカクテルデュオ販売基本パック3 柔軟なカスタマイズ性で幅広い業種・業務にフィットする、中堅中小企業の為の販売管理ソフトウェアのベストセラー。
スーパーカクテルデュオFOODs基本パック3 食品業に特化した統合基幹業務システム。生産管理と販売管理の統合的な運用を可能にした製販一体型システムです。
スーパーカクテルデュオ 原価 基本パック3 柔軟なカスタマイズ性で幅広い業種・業務にフィットする、中堅中小企業の為の販売管理ソフトウェアのベストセラー。
スーパーカクテルデュオ 生産 基本パック3 柔軟なカスタマイズ性で幅広い業種・業務にフィットする、中堅中小企業の為の販売管理ソフトウェアのベストセラー。
Super Cocktail Innova 販売 20ユーザ ワークフローやポータル機能を標準実装した統合型販売管理パッケージ
スーパーカクテルデュオ会計 基本パック2 会計業務の効率化と高度な「管理会計」機能を保有する会計パッケージソフトウェア
Autoブラウザ名人Standard版 Web画面上で行う単調で面倒なあらゆる作業を自動化するためのソフトウェアです。
Autoメール名人  Enterprise版 メールの送受信や添付ファイルの操作など、メールに関するあらゆる業務を自動で行うためのソリューションです。
i名人/W 受注システム 企業間(BtoB)取引に特化したWEB受注・調達システムです。
伝発名人.NET WebEdition基本ソフトウェア 他システムと連携し、様々な帳票を発行します。
EOS名人.NET流通BMS対応Standard版 企業間EDIを実現するソフトウェア
Dr.SumEAOne(同時実行3) データ分析システム
MotionBoardforDr.SumEA データ分析システム
DataNature分析ツールパック 得意先や商品、担当者といった様々な切り口で売上データを分析し、取引拡大の戦略決定を行うツールです。
食inspector コミュニケーション/原価管理・業務管理
食Quality 食品業向け品質管理システム
検品君 物流改善システム(受発注連携、入出荷検品、在庫管理、トレーサビリティ、作業分析)
車楽Ver7 運輸業向けシステム事務処理、車両管理システム
CTIコネクテル導入パック【A】 電話対応の効率化が図られるCTIソフトウェアの導入パック
UsoliaMICS/Proソフトウェア 墓石石材業向けに特化したシステム
MICS/Proソフトによる積算、顧客情報管理、発注業務の生産性効率向上
Usolia浄化槽維持管理業システムスタンドアロン版 浄化槽の点検等の予定月を設定しておき、来月の作業予定を抽出し、作業指示を出す。モレを無くし効率よく作業をする。又未収金一覧をだし回収を確実にする。
Usolia食肉加工販売システム 食肉加工卸業向けに特化したシステム
Usolia製造業向けシステムフルモデル 製造業様向けの販売生産原価システム
Usoliaマンション管理組合会計システム 管理組合の受託業務を行うマンション管理会社向けシステム
Usoliaマンション管理フロント業務システム 管理組合の受託業務を行うマンション管理会社向けシステム
Usolia建設業ERPシステムPROCES.S 建設業に特化した財務及び原価管理システム
Usolia貿易業務システム導入パック ドキュメント作成を効率化、債権債務管理を徹底し業務を効率化するとともに経営体質を強化させる。
ストアパック「全文くん」_スタンドアロン導入パック 文具業界向け会計ソフトウェア
勘定奉行i10 会計ソフトウェア
商奉行i10 販売管理ソフトウェア
蔵奉行i10 仕入・在庫管理ソフトウェア
償却奉行i10 固定資産管理ソフトウェア
人事奉行i10 人事管理ソフトウェア
就業奉行i10 就業管理ソフトウェア
申告奉行i10[法人税・地方税編] 申告書作成ソフトウェア
絆高齢者介護 施設基本Ⅰ 介護施設管理システム職員の業務効率化、サービス品質の向上や施設経営の健全化・安定化をご支援いたします。
絆高齢者介護 居宅基本Ⅰ 介護施設管理システム 職員の業務効率化、サービス品質の向上や施設経営の健全化・安定化をご支援いたします。
絆あすなろ台帳利用5システム3CL 障害者総合支援法に対応し、障がい者福祉サービスの施設運営を総合的に支援するシステム/職員の業務効率化、サービス品質の向上や施設経営の健全化・安定化をご支援いたします。
絆高齢者かんたんシフト管理導入パック シフト管理、就業管理による高齢者介護事務処理時間削減
福祉大臣NXSuper 法改正、会計基準、帳票など、最新のニーズに対応する社会福祉法人向け会計ソフト。入力と同時に仕訳整理ができ、特有の語句をインプットした摘要辞書などを標準装備した使いやすさで、多忙な日常の業務を的確にサポートします。
給与大臣NX さまざまな先進機能をはじめ、経営戦略に欠かせない業務の効率化を根本から支える、次世代の給与計算システムです。
建設大臣NX 「建設大臣」は徹底的に業務の効率化を強化しています。振替伝票を入力するだけで、工事台帳、工事一覧表などの工事関連帳票や、元帳、試算表等の経理帳票を自動作成します。
大蔵大臣NX 新時代の財務会計システムです。入力作業は、手書き感覚で極限まで簡略化。 さまざまな帳票類や書類を即座に作成します。
顧客大臣NX 顧客マスターにきめ細やかな条件設定ができ、目的の顧客情報を素早く検索。顧客データを様々な角度から活用できます。これからの顧客管理業務を的確・迅速にサポートいたします。
Sansan Sales Edition 事業で取得した名刺をデータ化し、社内で共有することで、顧客管理、販売支援、CS向上などに活用する
MaLion5導入パック 『MaLion5』は、情報漏洩対策からIT資産管理まで、クライアントPCの運用管理を支援するソフトウェアです。社内のファシリティ管理と業務管理を実現します。また、『誰でもできる顧客管理2』により顧客への販促活動を実現し、生産性を向上します。

事業の流れ

本年度の申請では新たに「経営診断ツール」を活用し、より経営状況にマッチしたITツールの選択が可能になります。
また、マイページの開設により申請書類は全て電子化して送り、郵送等の手間が無くなりました。

hojokin2018_4

2018年IT補助金活用ガイド

it2018_guide

■ 制度概要
■ 前年(2017年)との比較
■ 申請~交付の流れ
■ 申請のノウハウ
■ 申請のコツ
■ 申請のための注意事項
■ 交付実例6種ご紹介

PDF資料ダウンロード

PDF:1.2MB

補助金対策セミナー開催中!

各地で補助金対策セミナーを開催中です。
お近くのセミナーを下記よりご確認ください。

ico_seminar補助金関連のセミナー情報を見る

まずはご相談下さい!

  • □ どんなITツールを導入すればよいかわからない
  • □ 導入したいシステムがあるが、IT補助金の対象となるか知りたい
  • □ 自社が対象となるかわからない
  • □ 申請方法がわからない
  • □ 2018年度IT補助金の最新情報が知りたい

IT導入補助金の申請は内田洋行ITソリューションズにおまかせ下さい!

内田洋行ITソリューションズは代理申請業者として、ITツールの選定から申請、導入支援、運用まで一手に引き受けます。

2017年度の250件以上の申請実績でお客様に的確なアドバイスを行います。申請開始の時期はまだ未定ですが、申請手続きなどを余裕を持って行うためにも事前にご相談下さい。

下記お問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。

補助金の交付申請手続きから、各種報告書類の作成までお気軽にご相談ください!