Usolia自治体向け健康管理システムシステム特長

Usolia自治体向け健康管理システム

特定健診対象者の抽出

保険者としての実施義務者となる40~74歳の国保資格情報を活用し、対象者を抽出します。

※自動的に行なう場合は、国保システムとの資格データ連携が必要となります。

対象除外者としての40歳~74歳の妊産婦を除外抽出します。

※妊産婦サブシステムが導入されている場合、妊産婦台帳とのデータ連携により自動的に除外します。

除外者登録を行なうことにより、他の法令に基づく健診受診者等を除外抽出する事が出来ます。

特定健康診査の対象者について
加入者の内、特定健診の実施年度中に40~74歳となる者で、かつ当該実施年度の1年間を通じて加入している者(年度途中での加入・脱退等異動の無いもの)。
個人ごとの加入保険履歴を管理する画面です。最大番号が最新の状態を表しております。また、国保の加入状態は、画面下部に常に表示されます。
加入保険履歴管理画面

※クリックで拡大します

各種健診対象者の総合抽出

生活保護者を特定健診と同等の健診対象者として抽出します。

※自動的に行なう場合は、生活保護システム等との資格データ連携が必要となります。

75歳以上の後期高齢者を特定健診と同等の健診対象者として抽出します。

※自動的に行なう場合は、後期高齢者システム等との資格データ連携が必要となります。

国保以外の保険者(社保等)より委託を受けた場合、その被扶養者情報を取込み、対象者として抽出ができます。

その他の検診(がん検診・歯周疾患検診・骨粗鬆症検診・肝炎ウイルス検診)の受診対象者としての条件も加味し、セット検診など特定健診+アルファ検診の対象者を抽出できます。

    (例)

  • 特定健診+各がん検診の同時抽出
  • 特定健診+各がん検診+婦人検診の同時抽出
  • 各がん検診および婦人検診のみの単独抽出
  • 自治体独自検診の抽出
  • 実施年度中の国保加入者を自治体独自健診としての抽出

総合的に、住民の方が何の健診(検診)の対象となっているかが、本人を特定することで即座に検索でき、住民からの問い合わせに対して容易に対応することが出来ます。

各種健診の受診案内・受診券の作成

ポイント①および②での総合抽出により、住民一人ひとりについての受診案内を作成することができます。もちろん、受診案内は特定健診のみならず、その他検診も含めてまとめて作成することもできます。

特定健診対象者への受診券の発行が可能です。(随時・即時発行が可能)また、誰に(送付先)、どのような(受診者番号・有効期限等)券を発券・送付したかの管理ができ、受診券の不正使用等防止に役立ちます。

受診券の様式を国サンプルの内容・レイアウト変更にも対応できます。

変更例:カナ氏名⇒漢字氏名、住所追加、バーコード追加印字 など

住基情報等を用い受診券送付先タックシールを印刷することができます。

※住基情報を活用する際は、住基システムとのデータ連携が必要となります。

受診勧奨抽出条件

受診勧奨抽出条件

※クリックで拡大します

受診券台帳

受診券台帳

※クリックで拡大します

特定健診等予約受付

特定健診対象者の集団健診受診申し込みとしての予約入力・管理が可能です。
しかも、最新の住基情報及び国保資格情報を考慮した予約入力が可能となっておりますので、年度当初の対象予定者となっている方でも予約当日において国保資格が無い場合に、チェックが可能です。

多彩な予約入力機能をご提供いたします。

  • 健診毎に予定日/時間/会場を選択しての予約受付が可能
  • 予定日時/会場毎に定員を設定し、空き状況を確認しながら予約受付が可能
  • 健診毎/個人毎に予約者の確認が可能
  • 年度内受診履歴を確認しながら予約受付が可能
受診予約登録
受診予約の登録画面です。
この画面で保険状態と料金属性や受診する検診項目を管理します。各検診項目においては会計区分を個別で設定でき、自己負担金とあわせて各会計毎の集計表を作成できます。

受診予約登録

※クリックで拡大します

特定健診等受診者登録

集団検診の際、ノートパソコンを使用した検診会場での検診受付が可能です。
検診受付の際、以下の資格等の確認を行なうことが出来ます。

  • 受診券発行情報
  • 国保資格
  • 住基情報
  • 年度内受診情報
  • 特定健診受診状況
  • 自己負担金情報

領収書の発行も可能です。
検診後に各検診種類別の集計一覧表を出力出来ますので、国保・一般・介護保険等の担当部門への金額振分を行なうことが出来ます。

受診者登録
受診者の登録画面です。
受診予約登録と同様にこの画面で保険状態と料金属性や受診する検診項目を管理します。各検診項目においては会計区分を個別で設定でき、自己負担金とあわせて各会計毎の集計表を作成できます。
また、確定ボタン押下時に、領収書の印刷を行うことができます。

受診者登録

※クリックで拡大します

検診結果データ取込・活用

特定健診結果データ(XML形式)を取込むことが出来ます。
標準ファイルフォーマットとなり、国保連合会システムからの入手⇒取込はもちろんのこと、
直接、検診機関・医療機関等からのデータを取込むことも出来ますので国保連システム側の処
理を待たずに健診結果を使用した次の業務に取り掛かることが可能となります。

※国保連システムによる健診結果受領スケジュール
当月5日 健診データ受付締め切り
当月25日 保険者での健診データの受領(オンラインまたは媒体によるデータ受領)

特定健診+その他検診結果データの取込も可能ですので、セット検診の結果を取込むことも可能となります。

※ただし、データ入手先の検診機関とデータに関する委託契約及び取り決めが必要です。
※その他健診としては、75歳以上健診・特定健診と同等の健診・自治体独自健診・各種がん検診 など

特定健診+その他検診結果を同一の健診結果参照画面にて確認する事が可能です。

特定健診等結果データを用いて、未受診者の抽出はもちろんのこと、任意の抽出条件を設定し、様々な対象者の抽出・統計処理が可能です。

(健診結果データの活用)(未受診者への勧奨通知の作成)

特定健診結果データを用いて保健指導を行うための対象者の選定としての「メタボリックシンドローム判定」及び「保健指導レベル(階層化)判定」が可能です。

⇒健診結果通知書の作成・出力(国様式・市町村独自様式)
※通知書を送付する場合の、住基情報(送付先情報)等を使用したタックシール等の出力が可能です。
⇒個票データファイルの作成(標準仕様)

医療保険者による優先順位付けが可能です。

●「標準的な健診・保健指導プログラム」記載の優先順位付け
●自治体独自方法による優先順位付け

メタボリック判定

メタボリック判定

※クリックで拡大します

特定保健指導 階層化判定振分処理

特定保健指導 階層化判定振分処理

※クリックで拡大します

特定保健指導(保険者としての機能)

階層化判定の結果による「動機付け支援」「積極的支援」対象者に対しての
利用券の作成・印刷が可能です。(随時・即時発行が可能)
また、誰に(送付先)、どのような(受診者番号・有効期限等)券を発券・送付したかの管理ができ、利用券の不正使用等防止に役立ちます。

※利用券を送付する場合の、住基情報(送付先情報)等を使用したタックシール等の出力が可能です。

利用券発行後における特定保健指導の途中脱落・国保資格喪失に伴う利用停止 等の随時処理が可能です。
また、終了時における終了時評価結果データを取込むことも出来ます。

(評価データを活用した対象者抽出などのデータ活用も可能です。)

特定保健指導(特定保健指導機関としての機能)

特定保健指導の初回面接時に使用する「特定保健指導支援計画及び実施計画書」の作成・出力が可能です。

国様式・市町村独自様式ともに対応します。

特定保健指導(6ヶ月間)の指導履歴の登録ができ指導台帳の作成が可能です。積極的支援におけるポイント算定(自動算出)にも対応します。

特定保健指導終了時の終了時評価結果データを作成・出力することが出来ます。
(標準ファイルフォーマットによるデータ作成)

特定保健指導(その他)

特定保健指導の履歴・結果データは、総合的に健康管理システムとして、その他の指導・対応履歴・個別健康教育・訪問履歴などと一元管理・参照することができます。

(住民の健康総合対応履歴データベースとしての一元管理・参照ができます。)

次は次は、Usolia自治体向け健康管理システムの機能紹介をご紹介します

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.