原価管理システム「スーパーカクテル デュオ原価」導入事例

原価管理システム「スーパーカクテル デュオ原価」

正確な原価管理・原価計算、原価シミュレーションをかんたんな操作で実現

ケーススタディのご紹介

内田洋行では、全国の製造業のお客様へ多数の導入実績があります。システム導入の際にご相談が多い課題と原価管理システムの導入メリットをケーススタディ形式でご紹介いたします。

製品ごとに原価算出方法は異なるが、システムで管理できる?

製造原価を正確に把握するには、経費・労務費・原材料費など全ての原価を適切に按分して計算する必要があります。

製造業A社担当者
うちの工場では、さまざまな製品を製造しています。
製品ごとに原価算出方法が異なるため、システム化は難しいのではないでしょうか?

arrow

それなら、管理レベルや運用状況にあわせて原価計算できるシステムがおすすめです。
「スーパーカクテルデュオ原価」は、製品ごとに原価(経費・労務費・原材料費など)の按分基準を、標準工数、実際工数、製品出来高(重量比)から選択できます。

内田洋行担当者

point

  • ●経費・労務費・原材料費を含めた正確な原価計算が可能です。
  • ●原価の按分基準は、標準工数・実際工数・製品出来高から選択できます。

原価に関する統計資料の作成をシステム化したい

Excel ファイルでの統計資料の作成は、業務負荷が大きくミスも発生しやすいため、システムの導入が求められています。

製造業A社担当者
現在は Excel で製品の原価計算や統計資料の作成を行っています。
ところが、手作業のためミスが発生しやすく、集計に膨大な時間がかかります。また、リアルタイムにデータを集計できず、経営判断も後手後手です。

arrow

それなら、統計資料が豊富な原価管理システムがおすすめです。
「スーパーカクテルデュオ原価」は、予定原価と実際原価を比較できる「製品実績比較表」や、前年比・月度間比較できる「原価推移表」など、多彩な統計資料を標準で装備しております。

内田洋行担当者

point

  • ●かんたんな操作で誰でも使いやすく、多彩な統計資料を標準で装備しています。
  • ●システム連携も柔軟に対応できる仕様のため、ご利用中の基幹システムとの連携も可能です。

新製品の適正な販売価格、販売目標数などをすぐに計算したい

新製品の適正な販売価格を決定するには、原価や販売数量、収益などをトータルに試算(シミュレーション)する必要があります。

製造業A社担当者
製品の販売価格は、取引先との価格交渉や競合製品を参考に担当者が決定します。
「いくらでどれくらい販売すれば利益が出るか」といった試算を、担当者がシステムに入力してかんたんに行えますか?

arrow

それなら、原価シミュレーション機能がおすすめです。
「スーパーカクテルデュオ原価」は、原材料の価格変動を考慮した製品価格の検討や、損益分岐点分析により「どの製品をいくつ売るか」といった販売計画の策定を迅速に支援します。

内田洋行担当者

point

  • ●迅速な経営判断を支援する、原価シミュレーション機能を標準で装備しています。
  • ●製品の適正な販売価格、販売目標数の試算、製造ライン変更時のコストシミュレーションなど可能です。

※原価管理システム「スーパーカクテルデュオ原価」は内田洋行の商品です。

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.