絆 高齢者介護システム 介護情報総合記録シートシステム概要・機能

絆 高齢者介護システム 介護情報総合記録シート

介護記録シートや24時間シートをタブレット端末でかんたんに作成

システムの概要

トータルケアとは

要介護度上昇防止に効果大

トータルケアとは全国高齢者ケア研究会研究委員長である 泉田照雄先生 監修のもと、 ユニットケア先進施設の多彩な実践をもとに開発したケア方法です。現在また は将来の利用者の要介護上昇防止に適しています。総合記録シートの導入で、 水分摂取量、食事摂取量、排泄状態、排尿状態、体温、血圧、認知症の行動障害 などの重要項目を関連づけてチェックすることができます。介護現場のスタッフ は、利用者の健康状態を総合的に把握し、より適切なケアを行うことが可能です。 総合記録シートは利用者の健康状態を総合的に関連づけて把握するトータルケア のファーストステップです。

システム構成図

システム構成図

* 介護情報総合記録シートの導入には、絆 高齢者介護システムが動作している環境が必要です。

絆 高齢者介護システムとの連携で「トータルケア」に対応

介護情報総合記録シートは、トータルケア対応システムの一部として機能します。

絆 高齢者介護システムとの連携で「トータルケア」に対応

高齢者ケアプラン・ケアマネジメント「絆 高齢者介護システム」は内田洋行の商品です。

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.