絆 介護情報タブレットシステム

tablet01

介護記録支援ソフト、介護情報タブレットシステムです。

「介護情報タブレットシステム」とは?

絆高齢者介護システムの介護情報管理をベースに記録データの登録、閲覧機能をタブレット運用に特化しました。

「介護情報タブレットシステム」は、絆 高齢者介護システムの介護情報管理をベースとして、記録データの登録、閲覧を可能とするWebアプリケーションです。介護現場でいつでも、どこでも簡単にタブレット上で入力できるほか、介護記録情報の閲覧も自由に行えます。複数人の記録データの同時入力のほか、音声入力、カメラを使用した特記事項の入力など、タブレットの機能を活かした効率的な入力が可能です。

システムの特長

簡単タッチでらくらく入力

分かりやすい画面構成で、誰でも簡単に入力できるように設計されています。押しやすいボタンやよく使う文書を選択できるなど、入力の簡素化・効率化を追及しています。

tablet01

現場の情報を簡単閲覧・共有

タブレット、高齢者介護システムで入力された情報は、施設、フロア、ユニットなどで絞り込み、入力情報を簡単表示します。申し送り事項は、アラートとして表示、引継ぎをすばやく完了させます。伝達事項を電子化することで、情報共有が容易になり、効率化にもつながります。

tablet02

タブレットならではのデータ入力

tablet03

■ カメラ入力

iPadで撮影した写真を介護記録に簡単に添付可能です。利用者様の状態の把握や、言葉で表現しにくい状況を伝えるのに、非常に有効に活用することができます。

tablet04
■ 音声入力

iPadの音声入力を使用することによりキーボードを使用せずに入力することが可能です。精度も高く、ある程度の入力であればキーボード入力より早く入力する事も可能です。(インターネット接続が必要)

豊富な介護情報区分

介護区分は「絆 高齢者介護システム」の持つ、全ての介護区分を網羅しています。現場の使用状況に合わせ、必要なものを表示選択し、実際に必要な情報のみ入力することが可能です。

tablet05

分かりやすいケース記録画面

ケース記録は1日もしくは1週間の情報を表示することが可能です。データの編集、撮影したカメラの画像などもタッチすることで、簡単に編集、確認が可能です。

tablet06

システム構成図

介護情報タブレットシステムは、Webサーバ単位で導入します。このため、接続するタブレット台数を容易に増やすことが可能です。(接続には SQL の CAL が台数分必要です。)

tablet07

  • iPad 9.7 インチモデル + iOS10.x + Safari(横向きに最適化) ※iPad Mini / iPad Pro(12.9 インチ) は対象外 ※音声入力利用時は iPad3 以降 / インターネット接続必須
  • Web サーバー:WindowsServer2012(R2) (IIS 8.0/8.5) データベースソフト(絆本体と共用) SQLServer2008(R2) / 2012 / 2014 Standard 以上のEdition(Express Edition は対象外)
  • 絆 高齢者介護システム 介護情報タブレットシステムの導入には、絆 高齢者介護システムが動作している環境が必要です。

製品カタログダウンロード

本製品「絆 高齢者介護システム 介護情報タブレットシステム」のカタログを今すぐご覧いただけます。
カタログダウンロードはこちら

※「絆 高齢者介護システム 介護情報タブレットシステム」は内田洋行の商品です。

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.