絆 あすなろ台帳システムの特長

絆 あすなろ台帳

障害者総合支援法に対応。障がい福祉施設・事業者向け支援システム

絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳は障害者総合支援法に対応

「絆 障がい者福祉システムシステム あすなろ台帳」は、障害者自立支援法に変わり制定された障害者総合支援法に対応したシステムです。情報ポータルによるシームレスな情報連携を実現し、「サービス品質向上」や「運営品質向上」に向けて、「情報共有」「情報開示」「情報保護」などの情報管理の取組みをご支援いたします。

障がい者福祉サービスの施設・事業者様でこんな悩みを抱えていませんか?

製品カタログダウンロード

本製品「絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳」のカタログを今すぐご覧いただけます。
カタログダウンロードはこちら

システムの特長

「相談支援事業」「就労支援」への対応

「相談支援事業」「就労支援」への対応
新制度で重要となる相談支援事業への対応を強化。相談〜アセスメント・計画作成・サービス利用・モニタリング等の一連の流れ(PDCAサイクル)を実現します。利用者様のニーズ・サービス利用状況・評価を正確に把握し、的確できめ細かな相談支援を提供します。モニタリング予定日が通知される通知機能強化や、 就労支援をはじめとする各種事業のためのアセスメント、計画策定など、相談支援事業者様で必要な機能を大幅に強化しています。

障害者総合支援法の統合的なマネジメントを実現します。

障害者総合支援法に対応した福祉サービス業のIT化を実現します。業務の効率化やマネジメントを強化し、統合的な自立支援システムの構築をご支援いたします。

システム概要はこちら

集計機能や職員間コミュニケーションツールなど豊富な機能を提供します。

データの管理・集計、職員間の業務連絡・業務指示、利用者や職員の予定の一元管理、ガイドラインに準拠した個別支援計画のマスタなど、豊富な機能をご用意しております。

機能のご紹介はこちら

サービスの品質向上、業務の省力化・効率化がアップします。

支援記録のデジタル化で課題・問題点の早期発見が可能となり、提供サービスの品質向上が見込めます。また、多彩なデータ連動・システム連携と電子決済機能が、業務の省力化・効率化を実現します。

ID/パスワードの認証や権限管理により、セキュリティ対策もバッチリです。

ログイン時のID/パスワードによる認証、ユーザー(職員など)ごとのシステム利用権限の設定が可能で、セキュリティ関連のリスク対策も万全です。

※障がい者総合支援法対応 「絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳」は内田洋行の商品です。

次は次は、絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳のシステム概要をご紹介します

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.