Usolia製造業生産管理システム(VJit)特長

Usolia製造業生産管理システム(VJit)

業界特化型の標準マスタで入力負荷を削減

業界特化型の標準マスタで入力負荷を削減
システムが動かない一番の理由はマスタの整備不足です。マスタメンテをしなくなる理由としては、「必要な情報が登録できない」「登録に時間がかかる」などの要因が挙げられます。

  • 全ての基礎となる「品目マスタ」は製造業界ならではの項目を装備し、お客様の要求に応じて項目の追加が可能です。
  • 一般的な生産管理パッケージのように、多種多様な業種へ対応していないため、必要最低限のマスタ項目で入力工数を削減し、さらに運用レベルにて誰がいつどのように登録するのかを明確にすることで負荷を標準化します。
品目マスタメンテナンス画面

※画像をクリックすると拡大します

無駄な統計資料を徹底的に絞り込み

無駄な統計資料を徹底的に絞り込み
製造業様で使用されている帳票はグラフなどを利用したExcelが中心です。パッケージシステムで標準装備する帳票を多種・多様にご用意しても実際使用される帳票が限られるというのが実情と言えます。
  • VJitでは、基本データ確認用の帳票類しか標準装備しておりません。その代わり、各種基本となるデータは全てCSV連携が可能となっております。
  • 毎日必要なもの、月一回でいいもの、グラフ化が必要なものなど、お客様の業務運用と資料を再度整理し、必要なものだけカスタマイズをいたします。
外注先納品率報告書

※画像をクリックすると拡大します

起点となる内示情報の管理、ブレに対応

起点となる内示情報の管理、ブレに対応
  • 日当たりと月度合算の2パターンの内示入力を標準装備し、生産計画立案データの展開を行えます。
  • 内示がブレた際の「顧客対応」「生産調整」「手配調整」などの業務を効率よく行うための「内示出荷差異問合せ」などのプログラムをご活用ください。
内示出荷差異問合せ画面

※画像をクリックすると拡大します

全てを自動化しない品目別手配設定を実現

全てを自動化しない品目別手配設定を実現
  • 単価が高く購買責任者様が手動で手配するもの、ロット別で管理をしたいものなど用途別に応じた手配計算を行うことが可能です。
  • MRPのメリットデメリットを現実運用に任せて精査しますと、意外にも“使用数手配”だけで運用することで、在庫を削減することができた事例もございます。
全てを自動化しない品目別手配設定を実現

※画像をクリックすると拡大します

現場に合わせた実績データ入力を実現

現場に合わせた実績データ入力を実現
  • マスタの整備と共にシステム運用のネックとなるのが実績入力です。こちらも理由が様々ですが、「入力する時間がない」ことが一番の理由です。
  • VJitは過去の失敗事例を基に“簡易入力型”と“詳細入力型”の2パターンの入力画面を装備しております。これにより入力負荷を軽減し、さらにハンディターミナルとの連携など多種カスタマイズ事例からのご提案をさせて頂きます。
作業日報入力画面

※画像をクリックすると拡大します

1歩ずつ進める原価管理

1歩ずつ進める原価管理
  • VJitの原価管理は、まず作業実績データを正確に集計する事を第一ステップとして目指していきます。
    導入時は標準原価の設定はアバウトでも構いません。
  • 第二ステップとして作業と仕入の実績データから実績原価計算を実行し、実績原価と標準原価の差を把握します。
    2種類の原価を比較する事でその原因を把握し、改善活動へ繋げていきます。
    第三ステップでは製造直接費以外の費用も原価要素として集計・計算し、これを永続的に繰り返す事で原価精度が上がっていくと弊社は考えます。
標準 / 実績 原価問い合わせ

※画像をクリックすると拡大します

製品カタログダウンロード

本製品「Usolia製造業生産管理システム」のカタログを今すぐご覧いただけます。
カタログダウンロードはこちら

catalog_vjit

次は次は、Usolia製造業システム(VJit)の機能カスタマイズ事例をご紹介します

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.