2014/08/25 神戸開催
福祉 スマートデバイス

ふれあい福祉セミナー2014「施設は今なにをすべきか 」

■ 開催概要

日 時 2014年8月25日(月)  13:30~16:45(受付開始13:15~)
会 場 総合福祉センター 第2会議室
神戸市中央区橘通3-4-1
参加費 無料
主 催 株式会社内田洋行ITソリューションズ
定員 50名様

■セミナー内容

第一部
13:30~15:00

「重度化対応型ユニットケア  トータルケアの基本」

~施設は今なにをすべきか   今後10年を見据えて~

講師:泉田照雄氏 特定非営利活動法人全国高齢者ケア研究会・研究委員長
会計・税務のみならず、法人・保険を利用した節税対策、相続・事業承継対策、M&A・グループ再編のコンサルティング業務など、幅広い分野に従事されています。

障害者総合支援法の施行2年目にあたり、新年度から新たな制度として、グループホーム・ケアホームの一元化、重度訪問介護の対象拡大が実施されます。障害程度区分も障害支援区分へと変更がされ、全員作成を目指すサービス利用計画も仕上げとなる最終年の3年目を迎えます。これからは、大きな制度の変更は見込めませんが、しばらく数年間は、めまぐるしく変化した制度についての内容の定着と生活に即した改善が重要な視点となります。
今回の講座では制度としての理解を深めながら、計画相談におけるサービス利用計画と個別支援計画の違いに気づき、計画に基づく事業所の支援の質を高めるきっかけとなる内容で企画しました。

第二部
15:15~16:30

「総合記録シート機能を導入した『高齢者介護システム絆』のご紹介」

講師:株式会社内田洋行 絆プロジェクト
高齢者ケア研究会の総合記録シートを導入した「絆 高齢者介護システム」の最新機能のご紹介を致します。直観的なタッチ入力で操作をすることにより、日々の現場での介護情報入力の手間を軽減致します。サービス品質の向上をご支援し、働きやすい職場づくりを支援致します。

※申込受付は終了しました。

お問い合わせ先
株式会社内田洋行ITソリューションズ
京滋営業部 営業課 担当:手塚・大野
TEL:075-341-4141 FAX:075-341-8714