2015/05/20 神戸開催
福祉 スマートデバイス
貴施設益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。また、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
高齢者施設様では4月の介護保険制度法改正など、めまぐるしく変化する制度の中、利用者様中心のケアが重要な視点となってまいります。弊社では「ふれあい福祉セミナー2015」と題しまして、システム構築の上でのお手伝いができればと思っております。

ふれあい福祉セミナー2015 in 神戸

■ 開催概要
日 時
2015年5月20日(水)  13:30~16:45(受付開始13:15)
会 場
総合福祉センター 第2会議室
神戸市中央区橘通3-4-1

交通のご案内:
神戸高速鉄道 高速神戸駅 徒歩2分
地下鉄 大倉山駅 徒歩3分
地下鉄 ハーバーランド駅 徒歩12分
JR神戸駅 徒歩10分
参加費
無料
定 員
50名
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ

※申込受付は終了しました。

■セミナー内容

第1部
13:30~14:30

「重度化に対応するトータルケアの考え方」
~絆総合記録シートご紹介~

講師:株式会社内田洋行 絆プロジェクト

制度改正により、在宅サービスも施設も重度化対策が運営の最重要課題となっています。特に、特別養護老人ホームは要介護度3以上が入居条件になることとなりました。
重度化対策が遅れると、入院者が増加したり、スタッフの離職に歯止めがかからなくなるなど、運営にも大きな影響をおよぼします。それらを解消するために、高齢者ケア研究会が提唱する総合記録シートを中心に、絆高齢者介護システムをご紹介を致します。直観的なタッチ入力で操作をすることにより、日々の現場での介護情報入力の手間を軽減致します。サービス品質の向上をご支援し、働きやすい職場づくりを支援致します。

第2部
14:45~16:00

「総合記録シートを導入した理由とは?記録業務はどうかわったか?」
~社会福祉法人貞徳会 明範荘・川名山荘様導入事例ご紹介~

講師:社会福祉法人貞徳会 明範荘 副施設長 矢留仁道様

2014年4月に新規オープンした川名山荘において業務システムの根本的見直しをおこない絆高齢者介護システム「総合記録シート」を導入されました。

ご検討から導入に至る経緯、システム選定のポイント、iPadを利用していくにあたり運用上工夫された点、介護現場での記録形態立案において苦労された点などを実際の経験を踏まえ現場の生の声として皆様に身近な内容でご講演頂きます。

・システム導入の背景
・システム導入のポイント
・システム導入後の効果
・今後の展開

※講演・セミナーお申し込み多数の際は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。
※同業の方のお申し込みは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
株式会社内田洋行ITソリューションズ 関西支店 京滋営業部 手塚・大野
TEL:075-341-4141 FAX:075-341-8714