2015/11/20 東京開催
食品 化学・化粧品 会計 貿易 クラウド スマートデバイス
自社で工場を所有され、製造を行なっている食品業様・化粧品製造業様を対象にしたイベントを開催いたします。
株式会社アイカの代表取締役社長:高橋 貞二 氏による特別講演「品質管理・異物混入・ストレスレスの実現に向けて」をはじめ、「異物検査機の管理・運用ポイント」や「食品表示基準とその対応について 」といった製造業様必見のセミナーをご用意しております。
また、各業界向けの導入事例セミナーで、システム導入の成功イメージをご紹介するとともに、各種ソリューション展示も同時開催いたします。
ぜひご参加ください。

製造ソリューションフェア 【食品業様・化粧品業様向け】

■ 開催概要
日 時
2015年11月20日(金)  13:30~17:30(受付開始13:00)
会 場
株式会社内田洋行ITソリューションズ セミナールーム
東京都港区新橋6丁目1番11号 Daiwa御成門ビル 5F
※会場までの地図はこちらをご参照ください。
参加費
無料
定 員
定員あり
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ

※申込受付は終了しました。

特別講演
13:30~14:45

品質管理・異物混入・ストレスレスの実現に向けて

講師:株式会社アイカ 代表取締役社長 高橋 貞二 氏

食品業界における品質管理・品質保証の考え方が、この数年で急激に変化しています。市場の変化を受けて、平成28年3月には「新トレーサビリティガイドライン」が発表される予定です。
新トレーサビリティガイドライン作成委員会オブザーバーを講師に迎え、今後の品質管理の動向をご説明致します。
また、実践事例として、5 年前に事故防止システムを導入された福島県いわき市の株式会社サンフレックス永谷園様の「誤計量・誤投入の防止」「ペーパーレス化」による「品質管理の高度化とトレーサビリティ」と、働く方々の「ストレスレスとモラルアップ」についてご紹介致します。

20151120製造ソリューションフェア01【講師紹介】
2003年から2010年まで菓子製造業カルビー株式会社のグループ企業として主にカルビーグループのIT化活動を行い、2011年、株式会社アイカ設立。代表取締役就任。食品製造業に特化し、お客様との直接取引を中心に活動。
現在、流通システム開発センター「食品メーカー、原料メーカー間原材料入出・履歴情報遡及システムガイドライン作成委員会オブザーバー」として活躍。主な取引先として亀田製菓、虎屋、永谷園、マルハニチロなど大手食品製造メーカーなど多数。

セミナー1
14:00~14:50

化粧品業界向けシステム導入成功事例と
製販統合システムのご紹介

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

通常の販売管理に加え、資材・原材料の正確な在庫管理を支援する業種特化したシステムです。生産機能を統合していますので、化粧品OEM・化学メーカー様の工場管理への段階導入も可能です。

ケース1:
ブランドメーカーに学ぶ  工程・品質管理ミス防止事例(HHT/秤量連携実演)
入荷検品・資材準備・秤量器連携

ケース2:
研究開発・品質管理必見  全成分・化学物質処方管理事例(基幹系連携)

セミナー2
15:20~16:10

日本食糧新聞社 優秀食品機械資材・素材賞 受賞!
食品製造業向け「スーパーカクテルデュオFOODs」
のご紹介及び導入事例紹介

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

日本食糧新聞社の第18回日食優秀食品機械資材・素材賞を受賞した製品「スーパーカクテルデュオFOODs」は、食品製造業界向けのパッケージシステムです。
本セミナーでは、各業界のシステム導入事例を交え、システム概要をご紹介致します。

ケース1:
原料メーカーに学ぶ出荷ミス防止システム、出荷ミスの防止と商品追跡、サンプル・規格書の管理手法

ケース2:輸入加工業に学ぶ収益管理のあり方

セミナー3
16:40~17:30

日本食糧新聞社 優秀食品機械資材・素材賞 受賞!
食品製造小売向け「スーパーカクテルデュオFOODs店舗販売」
のご紹介及び導入事例紹介

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

日本食糧新聞社の第18回日食優秀食品機械資材・素材賞で受賞した製品「スーパーカクテルデュオFOODs店舗販売」は、食品製造小売業界向けのパッケージシステムです。
多様な販売形態に加え、商品のライフサイクルも短いため業務が煩雑になる一方、一時的な繁忙期に対する対応力も求められます。店舗・本部・工場をシームレスに情報が伝達する仕組みを作り上げ、本部主導で意思決定できる仕組みの構築が求められます。
本セミナーでは導入事例を交え、システムの概要をご紹介をさせて頂きます。

セミナー4
15:05~16:05

異物検査機の管理・運用ポイント

講師:アンリツインフィビス株式会社

商品への異物混入検査に使用される最近の金属検出機とX線検査機の特徴と使用する上で注意すべきポイントをテストピースの選び方、検出感度の確認からメンテナンスのポイントまで解説します。
特に検出感度の確認方法が金属検出機とX線検査機で大きく異なることは重要なポイントとなります。併せて不良品の排除を確実に実行する排除装置、そして検査データの管理システムについても紹介します。

【会社概要】
アンリツインフィビス株式会社(旧社名アンリツ産機システム)は、通信機器用検査機を製造販売するアンリツグループの一員で、食品、薬品、化粧品の製造に欠かせない品質検査機器を専門に事業を展開しております。質量検査機の分野では50年を超える実績を持ち、金属検出機、X線検査機の異物検査の分野でも特徴的な技術を搭載した検査機を数多く提供させていただいております。

セミナー5
15:20~16:10

食品表示基準とその対応について
~食品表示管理業務の改善~

講師:エフシージー総合研究所

2015年4月1日食品表示法が施行され、栄養成分表示の義務化、アレルゲン個別表記、表示レイアウト改善など担当者には対応が求められています。その詳細内容、対応方法、他社動向をご案内いたします。

【会社概要】
エフシージー総合研究所は、フジサンケイグループの調査・研究機関が統合され、1985年に誕生しました。以来、一貫して日本人の生活・暮らしを科学・研究し、得た成果を消費者、企業、メディアに発信し続けています。消費者・生活者の視点で、暮らしを科学するユニークな理系の専門家集団は、「フジテレビ商品研究所」の通称で親しまれています。

ソリューション展示
13:00~17:30

食品業界向けERPパッケージ
スーパーカクテルデュオFOODs

食品製造小売業界向けERPパッケージ
スーパーカクテルデュオFOODs店舗販売

スマートデバイス・モバイルソリューション
スーパーカクテルタブレットオプション

攻めの経営を支援する会計パッケージ
スーパーカクテルデュオ会計

輸出入専用システム
Usolia 貿易業向けシステム(VportSuper)

化学・化粧品業界向けテンプレート
化学・化粧品プレミア

情報漏洩対策
『Malion4』

BIツール、データ活用ソリューション
『Dr.sum』

クラウド勤怠管理システム
『Touch On Time』

品質管理・事故防止 現場作業支援システム
『安心ワークス』

食品リスク管理システム
『そうけんくん』

ラベルプリンタ
『サトーラベル』

異物検査/質量検査
『アンリツインフィビス』

※同業の方のお申し込みは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
株式会社内田洋行ITソリューションズ
首都圏事業本部 第1事業部
TEL:03-5777-6650