2015/12/08 神戸開催
福祉 人事・総務
労働安全衛生法の改正により、ストレスチェックの義務化が法制化され12月より施行されます。
多様な雇用形式で24時間体制を要求される社会福祉法人様では職員様の定着のためにも働きやすい環境を構築し、ストレスの少ない労働環境を構築することが、施設経営の安定化にもつながります。
本セミナーではマイナンバーセミナーでもご好評頂きました社会保険労務士法人ベスト・パートナーズの米田 憲司 氏に「メンタルヘルス対応とストレスチェック導入」に関して詳しくご解説頂きます。

ふれあい福祉セミナー in 神戸 離職率を下げるための職場つくりとは?

■ 開催概要
日 時
2015年12月8日(火)  13:30~15:50
会 場
兵庫県民会館 会議室1001
〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-16-3
※会場までの地図はこちらをご参照ください。
参加費
無料
主 催
株式会社内田洋行
共 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ

※申込受付は終了しました。

第1部
13:30~15:00

ストレスの溜まりやすい職場になってませんか?
メンタルヘルス対応とストレスチェック導入

講師:社会保険労務士法人ベスト・パートナーズ
執行役員 米田 憲司 氏

20151118建設業・マンション管理業セミナー012015年12月1日よりストレスチェック制度が施行されます。
「国の方針に従い、何をしなければならないのか」
「省令・指針・マニュアルでは、何を求められているのか」
ストレスチェック義務化法案の内容や押さえておくべきポイントと、ご担当者様が取り組むべき具体的な対策や課題についてマイナンバーセミナーでもご好評頂きました社会保険労務士法人ベスト・パートナーズの米田 憲司 氏に詳しくご説明していただきます。
また、セミナー内では今話題の社会福祉法改正に関しましても触れて頂き、最新の情報をお伝えいたします。

【講師紹介】
特定社会保険労務士、産業カウンセラー、行政書士。現在社会保険労務士
法人ベスト・パートナーズの執行役員として、マイナンバーや労務コンサル、
メンタルヘルス対策等、特に社会福祉法人様向けでの多数支援実績がある。

第2部
15:10~15:50

ケアの結果が実感できる、スタッフがやりがいを感じられる環境へ!
重度化対策の決定版「トータルケア」と「総合記録シート」の活用事例

講師:株式会社内田洋行

近年、利用者の重度化が進み、これまでのケアの方法では施設の運営が厳しくなっています。重度化対策が遅れると入院者の増加や、スタッフの離職に歯止めがかからなくなるなど施設運営・経営面への影響も大きく、重度化対策は必須です。

今回は、利用者の要介護度上昇防止・重度化対策の切り札=トータルケア(※)のファーストステップである総合記録シートをご紹介します。本セミナーではトータルケアと総合記録シートの有効性を実際にご活用頂き、効果をあげている施設様の事例を交えてご説明させていただきます。

※トータルケア・総合記録シートは、全国高齢者ケア研究会が開発したケア手法です。

※同業の方のお申し込みは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
株式会社内田洋行ITソリューションズ 京都オフィス 
「ふれあい福祉セミナーin神戸」事務局 担当:西野
TEL:075-341-4141 FAX:075-341-8714