2015/09/15 名古屋開催
マイナンバー 人事・総務
2015年12月より従業員50名以上の事業所を対象に義務化されるストレスチェックに対応する「ストレスチェックサービス」のご紹介、マイナンバー収集・保管の業務やリスク対応を中心に、OBCマイナンバー対応「マイナンバー収集・保管サービス」の実演を行ないます。
ぜひ会場までお越しください。

OBCマイナンバー&ストレスチェック ソリューション紹介

■ 開催概要
日 時
2015年9月15日(火)  13:30
会 場
名古屋丸紅ビル13F
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-2-2
※会場までの地図はこちらをご参照ください。
参加費
無料
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ 
協 賛
株式会社オービックビジネスコンサルタント

※申込受付は終了しました。

■セミナー内容

第1部
13:30~14:40

ストレスチェック対策セミナー

2015年12月より従業員50名以上の事業場を対象に、メンタルヘルス対策の充実・強化等を目的とした「ストレスチェック」の実施が義務化されます。

企業が行わなければならない「安全配慮義務」には、過労死やうつ病などの心身の健康への配慮が必要です。配慮を怠ると労災訴訟のリスクだけではなく、企業のイメージダウンの危険性もあり、メンタル不調による休職や退職は業務を遂行する上での損失となります。

2015年4月に厚生労働省よりガイドラインが発表されましたが、そのガイドラインに沿って企業が独自でメンタルヘルス対策を準備をするためには膨大な時間とコストが必要となります。

本セミナーではストレスチェック義務化の内容と、各従業員のストレスチェック診断と傾向分析などを支援する「ストレスチェックサービス」の活用についてご説明します。

第2部
15:00~16:20

マイナンバー対策セミナー

2015年10月より住民票を有する個人にマイナンバーの通知が開始され、企業は残りわずかな期間で2016年1月よりマイナンバーの利用開始に向けて準備をしなければなりません。

その影響は、税や社会保障分野に関わる業務に留まらず、不正な個人番号の取得や利用が発生しないように、収集・保管に対するリスク対応が極めて重要となります。

本セミナーでは、実際に企業が行うマイナンバー収集・保管の業務やリスク対応を中心に、OBCマイナンバー対応「マイナンバー収集・保管サービス」の実演を通して詳しくご説明をいたします。

マイナンバー収集・保管サービス 5つのコンセプト

自社内に番号を持たず、リスクを低減
正確、効率的な業務を標準提供し、短期間で導入に対応
セキュアな電子証明書認証とSSL暗号化通信で安全運用が可能
番号取り扱いに関するガイドラインに準拠
給与奉行、法定調書奉行と自動的に連携

※講演・セミナーお申し込み多数の際は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。
※同業の方のお申し込みは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
株式会社内田洋行ITソリューションズ 名古屋オフィス
「 OBCマイナンバー&ストレスチェックソリューション紹介」
 事務局 担当:中田(康)、前田
TEL:052-961-3361 FAX:052-961-3735