2016/03/03 八戸開催
食品 課題解決
2017年度から導入予定の「消費税軽減税率」について、予測される対応内容をわかりやすくお伝えする消費税セミナーと、月刊HACCP 代表取締役社長:杉浦 嘉彦氏による、HACCPに対する多くの誤解をひもとき現場ベースで解説する食品業向けセミナーを開催いたします。
ソリューションも多数展示いたします。

外部環境への対応セミナー~『消費税軽減税率』・『HACCP義務化』~

■ 開催概要
日 時
2016年3月3日(木)  13:00~17:00(受付開始12:50)
会 場
グランドサンピア八戸
青森県八戸市東白山台1-1-1
※会場までの地図はこちらをご参照ください。
参加費
無料
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ

※申込受付は終了しました。


■食品業向けセミナー <会場:2F 白神>

定員:32名
13:45~15:15

HACCPの義務化と課題
~食品事業者の持続と発展のために~

講師:月刊HACCP 代表取締役社長 杉浦 嘉彦 氏

厚生労働省が示したHACCP導入型基準が昨年4月にスタート。
現在は選択制ですが、将来義務化の方向性が示されています。
欧米各国ではすでに、すべての業種、すべての規模で義務化が進み、輸出や大手小売店に販売拡大のためには必須事項となります。
HACCPに対する多くの誤解をひもとき現場ベースで解説します。

【講師プロフィール】

愛知県岡崎市出身、富山大学理学部物理学科卒業後、2000年7月に現在の株式会社鶏卵肉情報センターに入社、編集部/企画推進部で国内外の食品製造及び農場の現場を取材する他、同社が事務局を務める日本HACCP トレーニングセンター(JHTC)の研修事業の企画に携わる。2005年8月同社代表取締役社長に就任。
2007年6月JHTC専務理事に就任。

■消費税セミナー <会場:2F 白神>

定員:32名
15:30~16:30

消費税軽減税率の導入における影響と対策

講師:汐留パートナーズ株式会社  代表取締役 前川 研吾 氏

2017年度から導入予定の「消費税軽減税率」について、予測される対応内容につきわかりやすくお伝えします。製造・卸・小売業態毎の対策ポイント、多店舗展開をされている法人の影響と必要な対策を平成28年度税制大綱を踏まえ解説します。

【講師プロフィール】

北海道大学経済学部卒。新日本有限責任監査法人監査部門にて、建設業、製造業、小売業、金融業、情報サービス産業等の上場会社を中心とした法定監査に従事。
また、同法人公開業務部門にて株式公開準備会社を中心としたクライアントに対する、IPO支援、内部統制支援(J-SOX)、M&A関連支援、デューデリジェンスや短期調査等のFAS業務等の案件に数多く従事。汐留パートナーズ株式会社設立後は、公認会計士・税理士・弁護士・社会保険労務士等のプロフェッショナルによるワンストップサービスを行っている。国際会計基準検定(IFRS Certificate)合格後、IFRS関連の執筆・セミナー講師等にも力を入れている。

■ソリューション展示 <2F 白神>13:00~17:00

スーパーカクテルデュオFOODs

株式会社内田洋行ITソリューションズ

調達から生産、販売まで一元管理を実現。
食品製造業・加工業、卸業など、食品を扱う企業の業務に特化したERPパッケージです。
賞味期限管理や帳合先管理、トレーサビリティなど、食品業界特有の商慣習に対応しています。

鶏卵業向け『スーパーカクテル鶏卵ライブラリ』

株式会社内田洋行ITソリューションズ

「スーパーカクテルデュオ販売」をベースとして、鶏卵業に必要な機能を標準装備(相場と契約内容を基本に仕入単価や売上単価が確定)。
パッケージの良さ(豊富な帳票)を生かしながら、自社個別の運用にも対応が可能です。

水産加工業向けシステム『ますのすけ』

株式会社内田洋行ITソリューションズ

水産加工業界独特の業務に対応した経営支援システム。
単価未決定で請求時に単価が決まるような仕入や、積送(委託販売)品、未仕切(売上が着日基準)品の出荷のような、業界独特な取引形態にも対応した、製販統合システムです。

ハンディーターミナルによる物流業務改善、賞味期限管理

株式会社キーエンス

倉庫業務の効率向上と企業信頼度向上を支援。
また、ハンディターミナルでの自動照合・目視の防止により、期限管理の徹底を実現。

食品品質情報管理システム『食Quality』

株式会社オーユーシステム

食品製造業で必要な、原料、資材、試作品、商品の規格情報を一元管理する品質情報管理シ ステムです。

食品品質検査システム『FOOD INSPECTOR』

株式会社オーユーシステム

食品製造業で必要な、さまざまな検査の合否判定及び証明書の発行を行うシステムです。

食品表示ラベル発行『ラベルプリンタ』

株式会社サトー

ラベルプリンタによる自社でのラベル発行により、食品表示法や制度変更に対する迅速かつ低コストな対応を実現します。
また、規格書管理システムとの連携により、食品の内容表示を法令に順守した形式で記載し、ラベル発行までの一連作業の正確化・効率化を実現します。

配合指示計『DI-2000ブレンダー』

株式会社寺岡システム

配合時のミスを防ぎ、使用ロットのトレーサビリティを実現します。投入原料の間違いをチェック、過量・不足を計量器が検出し、ミスとロスを排除します。
スーパーカクテルデュオFOODsとの連携により、配合レシピ・原料使用量・製品出来高の連動が可能です。

RFIDと監視カメラによるフードディフェンスソリューション

ソレキア株式会社

昨今の食品業界では、食品の安全を担保するための取り組みが求められています。RFIDや監視カメラによる認証システムを導入することで、工場への入退出管理を実現し、食の安全を害する行為を抑制するとともに、有事の追跡を可能とします。

食品カロリー測定装置『カロリーアンサー』

みちのく流通システム株式会社

『カロリーアンサー』は、数百点の食品測定実績から、公定値である化学分析測定値に近似する値を計測する世界発の「カロリー測定器」です。
ご利用により、エネルギー換算係数を使った、面倒で曖昧なカロリー計算から開放されます。

『勘定奉行i10』『給与奉行i10』『人事奉行i10』

株式会社オービックビジネスコンサルタント

消費増税、マイナンバー制度、ストレスチェック義務化といった「制度改正の対応」。そして、制度改正によって発生する業務や、普段通り当たり前に行っている業務など企業や部門に潜む「非効率な業務」の解決ソリューションを提案します。

情報漏洩対策/IT資産管理『MaLion 4』

株式会社インターコム

マイナンバー制度開始後、マイナンバーの漏洩対策は企業の必須課題となっております。
情報漏洩対策からIT資産管理(ソフトウェア資産管理)まで、クライアントPCの運用管理を支援します。

市場シェアNo.1勤怠管理クラウド『Touch On Time』

株式会社デジジャパン

来る労働基準法改正(長時間労働抑制策・年次有給休暇取得促進策等の強化)により、計画的有休管理や労働時間管理が必要となります。シェアNo.1(25万ユーザー、2500社)「Touch On Time」を使えば、お悩みをすべて解消できます。

※講演・セミナーお申し込み多数の際は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。
※同業の方のお申し込みは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
外部環境への対応セミナー~『消費税軽減税率』・『HACCP義務化』~ 事務局 担当:溝江
TEL:0178-27-7791 FAX:0178-27-7795