2016/03/17 名古屋開催
食品 流通・卸 小売 業務改善
食品製造・卸・小売業向けに、基調講演および事例紹介セミナーを開催致します。

食品ITフェア

■ 開催概要
日 時
2016年3月17日(木)  13:00~16:50(受付開始12:30)
会 場
株式会社内田洋行 名古屋営業所
名古屋市中区錦2-2-2 名古屋丸紅ビル13F
※会場までの地図はこちらをご参照ください。
参加費
無料
定 員
20社
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ

※申込受付は終了しました。

基調講演
第1部
13:00~14:20
製造

今後、大きく変わる「食品トレーサビリティ」とは

講師:株式会社アイカ 代表取締役 高橋貞二さま

20160317食品ITフェア01食のグローバル化は近年よく耳にしますが、それが近い将来TPPの実施や諸法制の義務化により大きく変化する事が予想されます。それにともない食品業界における品質保証・品質管理の考え方が、この数年で徐々に変わっていきます。
このような社会の変化をうけて平成28年3月には(一財)流通システム開発センターより「新原材料入出荷・履歴情報遡及システムガイドライン」-トレーサビリティの実現のために-(仮称)が発表される予定です。
本セミナーでは新トレーサビリティガイドライン作成委員会(仮称)オブザーバーを講師に迎え、今後の品質保証・品質管理の動向をご説明いたします。
また実践事例として、5年前に事故防止システムを導入された株式会社サンフレックス永谷園さま(福島県いわき市)の「誤計量・誤投入の防止」「ペーパーレス化」による「品質管理の高度化とトレーサビリティ」と働く方々の「ストレスとモラルアップ」についてご紹介いたします。

第2部
14:30~15:15
製造

商品規格書および検査記録のデータベース管理のご紹介
~食品品質管理システム 『食Quality』
・食品品質検査システム 『FOOD INSPECTOR』~

講師:株式会社オーユーシステム

食品製造業様に求められている『食の安心・安全』をサポート致します。
原料の情報を基に、試作品・商品開発を行い自社製造商品の品質情報(原産国・アレルゲン・添加物・GMO・表示情報等)の管理、栄養成分計算、原価計算等を行うことが可能です。
食品製造業様で求められる情報管理をワンパッケージにてご提供致します。
昨年4月に施行された食品表示基準及び新たな機能性表示制度に照らし合わせご説明させて頂きます。

第3部
15:25~16:10
製造・卸・小売

データ分析で結果を出し続ける米菓の老舗が選んだBIツール
~事例:株式会社 中央軒煎餅 様~
『DataNature Smart』 製品概要と導入事例のご紹介

講師:株式会社エヌジェーケー

従来、進物ギフトは、取り扱っている百貨店などで購入することが一般的でしたが、近年では、チェーンストアの拡大と共に取り扱い店舗も急増し、データ活用の難しさに拍車が掛かっています。また、市場の拡大と共に異業種からの参入が増えていることも業界の大きな変化の一つです。このような変化に対応するために、株式会社中央軒煎餅様で利用されているのがBIツール「DataNature Smart」です。
BIツール導入の経緯から、なぜDataNatureなのか、導入後の効果まで流れを追ってご紹介させて頂きます。

第4部
16:20~16:50
小売

小売店舗対応販売管理パッケージの導入事例のご紹介
~店舗・本部の情報をシームレスに伝達、本部主導で意思決定できる仕組み~
『スーパーカクテルデュオFOODs』

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

※同業の方のお申し込みは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
株式会社内田洋行ITソリューションズ 担当:名古屋営業部 井坂 前田
TEL:052-961-3361 FAX:052-961-3735