2016/06/23 札幌開催
建設 貿易 在庫管理 業務改善
全国で開催されるITフェア2016の札幌会場のお知らせです。
いすみ鉄道代表取締役社長:鳥塚 亮氏による特別講演『いすみ鉄道社長が打ち出した驚きの企業戦略
~V字回復を実現させたビジネスの開拓法とは!~』をはじめ、消費税に関するセミナーや食品製造販売業様向けHACCPセミナー、公共向け新総合事業に関するセミナーなど、必見のセミナーをご用意しております。
また、最新の各種ソリューションの展示も行います。

内田洋行ITフェア2016 in 札幌

■ 開催概要
日 時
2016年6月23日(木)  10:00~17:30(受付開始09:30)
会 場
札幌コンベンションセンター
札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1

交通のご案内:
【地下鉄をご利用の場合】
 地下鉄東西線「東札幌」1番出口から、徒歩8分
【お車でお越しの場合】
 第1,第2、第3(立体)駐車場をご利用下さい。
  お帰りの際、受付に駐車券をご提示くだされば無料チケットをお渡しします。
 (上記以外の駐車場はお客様にてご負担願います。) 
参加費
無料
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ
協 賛
株式会社内田洋行
株式会社ウチダシステムズ

※申込受付は終了しました。

■セミナー内容

特別講演
13:00~14:30
小ホール
定員120名

いすみ鉄道社長が打ち出した驚きの企業戦略
~V字回復を実現させたビジネスの開拓法とは!~

講師:いすみ鉄道代表取締役社長 鳥塚 亮氏

20160623札幌フェア01鳥塚 亮(とりづか あきら)昭和35年6月 東京生まれ
子供のころから乗り物好き。新幹線の運転士になるのが夢だったが、国鉄赤字による採用中止で断念。大学在学中から航空機の操縦訓練を受け資格取得。

30歳でブリティッシュエアウエイズ(英国航空)入社。20年以上にわたり一貫して成田空港で旅客、運航部門勤務。旅客運航部長。今でこそ観光列車として高い人気を誇る「いすみ鉄道」だが、数年前までは廃線の危機にさらされていた。
そんな廃線寸前の鉄道路線を、注目の鉄道に変えた男こそ、2009年公募で社長に就任した鳥塚氏。外資系航空会社から地方のローカル鉄道のトップに転身した鳥塚氏は、どうやって赤字路線を人気鉄道に変えたのか?

鳥塚が打ち出した驚きの企業戦略とビジネス開拓について業績のV字回復を実現させた鳥塚マジックをご講演いただきます。
2016年4月21日カンブリア宮殿出演。

セミナー1
10:30~11:30
小ホール
定員60名

上場企業の財務諸表から読み解く!
財務基盤強化の着眼点

講師:汐留パートナーズグループ株式会社 代表取締役
公認会計士・税理士 前川 研吾 氏

多くの中小企業が経営戦略の方向性を模索するなか、まずは、自社の本業の経営力を高めることが重要です。
自社の「本業力」に磨きをかけ、経営余力を蓄えることで、将来の選択肢を広げることにつながります。
本セミナーでは、上場企業数例の財務諸表をケーススタディーとしてB/S、P/L戦略のあり方やキャッシュフロー経営の勘所を押さえ、財務基盤強化の着眼点を解説させて頂きます。

※※ セミナー実施内容変更のお知らせ ※※
本イベントで開催を予定しておりました『どうなる消費税!?平成28年度税制改正の方向性~消費増税 軽減税率で何が変わるのか、税制改正の全体像~』セミナーは2016年6月1日の安倍首相会見の表明(2年半の延期)を受け、上記「上場企業の財務諸表から読み解く!財務基盤強化の着眼点」セミナーへ実施内容を変更させていただくこととなりました。ご了承くださいませ。

セミナー2
10:30~12:00
207号室
定員60名

HACCPの義務化、輸出、国際規格認証
~北海道の国際化対応に向けた課題と展望~

講師:月刊HACCP(株式会社鶏卵肉情報センター)
代表取締役社長 杉浦 嘉彦 氏

sugiura義務化の方向性が示されているHACCP。環太平洋経済連携協定(TPP)が発効すると、食品の関税が撤廃・引き下げとなり、輸出入の増加が見込まれます。米国やカナダなどに食肉などを輸出する場合はHACCPの実施が求められ、日本の中小企業が輸出を増やす上で障壁になる可能性があり、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて食の安全をアピールするためにも、国際的に信用される衛生管理への転換が急務となっています。
北海道の食品製造、販売業様が直面するであろう課題と展望をお伝えします。

セミナー3
14:30~16:30
202号室
定員30名

今後の地方公会計の方向性と導入実務

講師:株式会社吉岡経営センター コンサルティング部  立石 薫 氏

昨年1月に総務省より「統一的な基準による地方公会計マニュアル」が公表されました。これによると平成29年度までに新基準により財務書類の作成を求められております。
セミナーでは地方公会計制度に関する最新情報や公共施設マネジメントと共有する固定資産台帳の整備手法 について豊富なコンサル経験を持つ講師より解説させて頂きます。併せて実務的な財務諸表作成の為のソフトウエア(PPP)をご紹介いたします。

セミナー4
14:45~15:30
206号室
定員50名

PROCES.Sユーザー事例紹介
~現場原価管理システム導入事例~

講師:株式会社 岸本組 常務執行役員 土木本部長 坂下 修一 様

美唄に本社を置く、株式会社岸本組様は、2014年5月からUsolia 建設業ERPシステム(PROCES.S)現場原価管理システムをご利用頂いております。特長的なのは財務管理を既存のオフコンで実施したまま現場原価管理システムの導入を先行導入頂いていることです。
本セミナーでは導入に深く携わって頂いた坂下常務様より、導入に至る経緯や導入時の苦労、今後の展開などをお話頂きます。

セミナー5
14:45~16:00
207号室
定員30名

在庫管理の具体的改善 と既存データ活用による商品分析・在庫改善の事例紹介

株式会社内田洋行ITソリューションズ

「現在庫数がわからない」「適正在庫がわからない」「単品管理ができていない」「帳簿在庫と実在庫の差異が大きい」など、在庫に関する課題は数多く存在します。
在庫管理の意味を再確認するとともに、現在庫、未来在庫(入出荷予定)、ロット別管理、現場端末の利用、などの具体的な改善事例をご紹介致します。
後半では、在庫に関わる様々な指針 「不動在庫分析」、「常備品と取寄せ品の区分け判断」、「発注点の算出方法」、「大幅な在庫圧縮」など、基幹業務システムのデータをもとに、集計ツールで簡単に分析できる手法をご紹介致します。

セミナー6
16:00~17:00
206号室
定員30名

PROCES.S ユーザー会
※PROCES.S ユーザー様限定

株式会社内田洋行ITソリューションズ

PROCES.S機能強化の概要紹介・BIツール連携他

セミナー7
14:30~15:30
201号室
定員30名

笑顔の生きる職場づくり
~強い施設づくりの実践手法~

講師:株式会社エイジング・サポート プロデューサー  小林 悦子 氏

福祉施設には組織としてのしなやかなる強さが求められています。
施設運営を実践事例を通じ、職員みんなで「ひとつ」を目指し、いかに2025年へアプローチするか、そのヒントを共有します。また最重要課題である看取り援助へのアプローチも介護現場からの実例でご紹介いたします。

セミナー8
15:45~16:45
201号室
定員30名

オフィス移転リニューアル時の押えるべきポイント
実例ご紹介

パシフィックコンサルタンツ株式会社
北海道支社都市・環境事業部 総合計画室 副室長 室田 正二 氏
パワープレイス株式会社 札幌デザイン室 室長 小谷 江 氏

オフィスづくりは内装、家具、設備の計画だけではできません。そこで働く従業員、情報、組織の戦略、歴史など様々な要素が絡み合い構成されています。しかし、与えられた時間・予算は限られています。その中で戦略性・効果性・効率性が高く、高品質なオフィスを構築するには専門技術者との協業によるスピーディーなプロジェクトの立ち上げが効果的です。
本セミナーでは、昨年リニュアルをお手伝いさせていただいたお客様をお招きし、アウトソーシングによるリニュアルプロジェクトをレビューいたします。

10:00~17:30
第一展示会場:204号室
第二展示会場:104・105号室

展示コーナー

各種ソリューションをご覧いただけます。

20160623札幌フェア03この革新を実現するためのワークスタイル、ICTインフラ、ビジネス・プロセスをテーマとしたソリューションを数多く展示しております。
体験可能なソリューションもご用意しておりますので、ぜひお立ち寄りください。今、話題のドローンも展示しております。

展示一覧(PDF/690KB)

※講演・セミナーお申し込み多数の際は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。
※同業の方のお申し込みは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
東日本事業本部 北海道支店 営業部 営業2課 熊坂
TEL:011-325-5515 FAX:011-325-5525