2016/10/18 札幌開催
食品 福祉 建設 在庫管理

内田洋行ITフェア2016 in 札幌

少子高齢化、グローバル化する経済、さらには技術革新により、社会構造は大きな変化を見せています。特に、クラウドコンピューティング、仮想化技術が進展しました。そして昨今、IoT、AIなど技術革新による産業の変革や生産性向上が問われており、企業経営は大きな転換期に入りました。弊社のお客様が多くおられる食品業界でも大きな転換がみられております。
こうした技術革新から、情報システムにおいてもデータ活用が注目され、製品の生産・販売・物流でデータを活かすためのBI、オープンデータとの連携に関心が高まっております。
また、生産性向上は企業のオフィスにも求められており、ICTを活用した働き方の変革が活発化しております。
「内田洋行ITフェア2016」では、こうした動向を踏まえまして、有識者によるICTの最新動向、データ活用の具体例、先導的ユーザー様の事例発表など、各種セミナーとさまざまな展示をご用意いたしました。
ご多用中と存じますが、皆様のご来場を賜りたく、心よりお待ち申し上げております。
■ 開催概要
日 時
2016年10月18日(火)  10:00~18:00
会 場
ホテルさっぽろ芸文館(旧:厚生年金会館)
北海道札幌市中央区北1条西12丁目

交通のご案内:
・JR札幌駅⇔タクシーで約5分
・地下鉄東西線「西11丁目駅」⇔徒歩5分
・新千歳空港⇔直行バスで約90分
※会場には無料の駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用頂くか、有料駐車場をご利用ください。
参加費
無料
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ
共 催
株式会社ウチダシステムズ
特別協賛
株式会社内田洋行

※申込受付は終了しました。

■セミナー内容

基調講演
16:00~17:30
黎明の間
定員150名

「ドラッカーのマネジメント論で読み説く
宝塚歌劇団の人材育成」
~人が輝き組織が活きる心と身体の磨き方~

講師:元宝塚歌劇団 宙組 堀内 明日香 氏

2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇団。その華やかな舞台の背景には、伝統に裏打ちされた理念・教育体制、躾や忍耐力と他者への心配り、メンバー全員の結束力を高める為の独自の教育があります。
昨年6月「週刊ダイヤモンド」誌上にも、年功序列と成果主義の併存システムは一般の企業においても参考になるヒントが満載である、と特集され、その教育方法は経営者のみならず、働く社員である次代を担う若者たちも学ぶべき事柄が多いと言われています。
また、マネジメントで世界的に有名なピーター・F・ドラッカー博士の著書マネジメント(下)の中で宝塚歌劇団の創業者である小林一三氏の実績に触れられていることから本講演では、宝塚歌劇団100年の歴史が持つ独自の教育とドラッカーの原理原則を絡めてご紹介頂きます。
エンターテイメントの世界に学ぶ「組織においての原理原則」、そして「お客様への満足サービスから感動サービスへ(挨拶・姿勢の魅せ方)」等素敵なマナーが”人に感動を与える”セルフプロデュース力の極意を学んでみませんか!

■経歴
1980年    北海道出身
1999年4月 宝塚音楽学校入学(第87期生)
2001年4月 宝塚歌劇団入団
2009年7月 「薔薇に降る雨」の公演をもって退団
退団後、マネジメントで世界的に有名なピーター・F・ドラッカーのマネジメントを学ぶ。現在は、その伝統ある宝塚歌劇団で得た厳しくかつ貴重な経験を活かすと共に、退団後に学んだドラッカーのマネジメントを研修に取り入れ、各地で講演活動を行っている。

セミナー1
11:00~12:30
黎明の間
定員100名

「北海道の食品工場に求められる課題と対策を学ぶ!」
食品工場の基本とリスク管理 インバウンド市場への考え方と対策
増え続ける外国従業員の対応について

講師:食品安全教育研究所 代表 河岸 宏和 氏

2016年4月30日に発刊した「食品工場の基本とリスク管理」から商品回収など事例を含めてご講演いただきます。近年、北海道の食品業界での課題でもあるインバウンド市場への対策や増え続ける外国人従業員の対応についてもご解説いただきます。

■プロフィール
1958年1月北海道生まれ。帯広畜産大学を卒業後、農場から食卓までの品質管理を実践中。これまでに経験した品質管理業務は、養鶏場、食肉処理場、ハムソーセージ工場、餃子・シュウマイ工場、コンビニエンスストア向け総菜工場、玉子加工品工場、配送流通センター、スーパーマーケット厨房衛生管理など多数。毎年100箇所以上の食品工場点検、教育を行っている。

セミナー2
13:30~15:00
黎明の間2
定員30名

在庫マネジメント事例の紹介
「商品管理の考え方と在庫データ分析の実際
重点管理品と適正在庫量を求めてみませんか!」

講師:中小企業診断士、ITコーディネーター 星野 雅博 氏

■セミナー『在庫マネジメント事例の紹介』
ケーススタディ1:商品の品揃えはどのように決めるか?
ケーススタディ2:食品などの品揃えの改廃が激しい商品
ケーススタディ3:季節変動のある需要予測は可能か?適正在庫量は?
ケーススタディ4:棚配列の整理:物流センター内ロケーション
管理の強化

■プロフィール
民間企業数社にて製造設計・開発に携わり生産管理システムの開発設計や工場や倉庫内の管理にも従事。その後中小企業診断士として独立・開業し、中小企業大学校での特別指導員、客員講師を歴任。中小企業企業総合事業団・情報化アドバイザー等を通し、中小企業におけるコンサルティングを行う。
平成15年頃から公益財団法人にいがた産業創造機構(NICO)のインキュベーションマネージャーとして新規創業者の支援を行い、今までに30社超えの起業支援実績がある。
特に情報・通信分野を担当し業務系情報システムの利活用だけでなく、組込みシステムの研修とその普及に注力、その後のIoTへの活用を支援、またクラウド系アプリ研究会を立ち上げSaaSアプリ、スマホアプリを開発支援するなど活躍は多岐に渡る。
民間企業においてはBIシステム構築を専門としており、首都圏の中堅企業を中心にERPパッケージ導入とそのデータ活用システム構築のアドバイスに実績がある。

セミナー3
13:00~14:00
清流の間1
定員60名

建設業向け 原価管理最新事例紹介
「原価把握のスピードアップ」

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

「建設業ERPシステムPROCES.S」の導入事例の中から現場の負荷を抑え、より迅速な原価把握の実現を目指しているお客様の最新事例をご紹介致します。

セミナー4
(ユーザー様限定)
14:30~15:30
清流の間2
定員40名

PROCES.Sユーザー会

PROCES.S の最新情報のご提供やユーザー様との意見交換を実施致します。

セミナー5
(ユーザー様限定)
13:30~16:30
清流の間2
定員30名

Usolia 障がい者福祉システム活用塾

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

マイナンバー対応と同時にWeb版となった障がい者福祉システムの活用方法をご紹介いたします。内容につきましては、事前にアンケートを取らせていただき、皆様のご意見を反映して行う予定です。業務担当者様の知識習得の場としては勿論、各自治体担当者様間の情報交換の場としてもご活用ください。

セミナー6
13:00~14:00
玉葉の間
定員50名

「組織革新に必要なこととは?」
~当社における組織能力向上への取り組み~

講師:株式会社ウチダシステムズ 代表取締役社長 岩田 正晴

お客様の期待を超えるためには何をすべきか?当社が目指す姿を実現していくために全員参加で試行錯誤しながら取り組んでいる「組織能力向上へ向けた活動」を公開致します。

セミナー7
14:30~15:30
玉葉の間
定員50名

「介護から日本を変える:人材育成法」
~日本一かっこいい介護福祉士ができる貢献とは~

講師:社会福祉法人ウエルガーデン
ウエルガーデン伊興園 施設長 杉本 浩司 氏

「スポットライトの当てられ方を知っている自分だからこそ、人にどうやって光を当てたら良いのかもわかるし、その瞬間って最高だと感じたんですよね。」
モデル出身の講師が語る「お年寄りの方たちと施設スタッフに向ける光」とは、貢献とは。

10:00~18:00
ロイヤルホール

展示コーナー

数多くのソリューションを展示いたします。ぜひお立ち寄りください。

展示一覧(PDF/1.16MB)

※同業の方のお申し込みは、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
地域事業本部 北海道支店 札幌オフィス 内田洋行ITフェア事務局
TEL:011-325-5515 FAX:011-325-5525