2016/11/15 東京開催
化学・化粧品 課題解決
化学・化粧品製造業様の課題を解決する、限定個別ミニセミナーを開催いたします。
原価管理を徹底したい、品質管理を向上したい、ハンディターミナルを利用した入出荷検品を行いたい、といった課題に対応する「化学・化粧品プレミア」の業務フローを紹介しながら、デモンストレーションを実演します。また、販売管理、資材・原材料の在庫管理を支援する業種特化システム導入事例をご紹介します。

化学・化粧品製造業様向け!検査工程・品質管理・ミス防止事例のご紹介ミニセミナー

■ 開催概要
日 時
2016年11月15日(火)  10:00~17:00(受付開始09:30)
会 場
内田洋行ITソリューションズ セミナールーム
東京都港区新橋6丁目1番11号 Daiwa御成門ビル 5F
※会場までの地図はこちらをご参照ください。
参加費
無料
定 員
10名様
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ

※申込受付は終了しました。

セミナー内容

1.化学・化粧品プレミアのご紹介

化学・化粧品プレミアの業務フローを紹介しながら、デモンストレーションを実演します。

2.システム導入事例のご紹介

販売管理、資材・原材料の在庫管理を支援する業種特化システム導入事例をご紹介。

事例1:「ブランドメーカーに学ぶ」 工程・品質管理・ミス防止事例
(ハンディターミナル/秤量連携模擬実演)
入荷検品・資材準備・秤量器連携

事例2:「原料メーカーに学ぶ」
得意先別検査規格を基準とした合否判定機能及び検査業務

システム特徴

化学・化粧品プレミア

◆原料の受入から製品出荷までのロット管理を徹底化したい。
◆販売計画から生産計画、資材計画をシステム化したい。
◆納期変更や急な計画変更にも順応する社内体制が求められている。
◆特定の担当者に業務が集中し、属人化する業務の是正が必要。
◆販売部門、製造部門の全体最適を考慮した、製販一体型の業務システムが必要である。
◆最小限の現場負荷で実際原価を把握したい。
◆誤出荷、誤配送防止、多様な製品ラベルの対応が必要。
◆お客様ごとに異なる検査項目、製品ラベルへの対応。
◆GMPの要件に適応した生産プロセスの管理システムが必要になっている。
◆秤量指示と秤量データの記録を行いたい。
◆ハンディターミナルを利用した入出荷検品を行いたい。


化学・化粧品製造業様のこのような課題を解決します。

※同業の方のお申し込みは、お断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
首都圏事業本部 ソリューション事業部 担当:吉田(太一)、小澤
TEL:03-5777-6651