2016/12/09 東京開催
食品
食品製造業・食品製造小売業の企業様に向けた食品業務に関するお役立ちセミナーを開催いたします。
昨今では、農林水産省と消費者庁で加工食品の原料原産地表示の拡大検討が行われており、食品企業様では今後の動向や対応が懸念されることと思います。
そこで、本セミナーでは「加工食品の原料原産地表示の対応に向けて」をテーマに『食品表示管理業務の改善』をはじめ、『基幹システムの対応方法実践事例』もご紹介いたします。

食品ITフォーラム ~Dec.2016~

■ 開催概要
日 時
2016年12月9日(金)  14:30~17:00(受付開始14:00)
会 場
株式会社内田洋行ITソリューションズ セミナールーム
東京都港区新橋6丁目1番11号 Daiwa御成門ビル 5F
※会場までの地図はこちらをご参照ください。
参加費
無料
定 員
定員なし
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ

※申込受付は終了しました。

セミナー1
14:30~15:40

加工食品の原料原産地表示の対応に向けて
~食品表示管理業務の改善~

講師:株式会社エフシージー総合研究所

加工食品の原料原産地表示の拡大検討が、農林水産省と消費者庁で大詰めを迎えております。食品企業様では今後の動向や対応がどうなるのか懸念されるところです。また、すでに食品表示法が施行され、栄養成分表示の義務化、アレルゲン個別表記、表示レイアウト改善など担当者には対応が求められています。本セミナーでは詳細内容、対応方法、他社動向をご案内いたします。

【会社概要】
エフシージー総合研究所は、フジサンケイグループの調査・研究機関が統合され、1985年に誕生しました。以来、一貫して日本人の生活・暮らしを科学・研究し、得た成果を消費者、企業、メディアに発信し続けています。消費者・生活者の視点で、暮らしを科学するユニークな理系の専門家集団です。
テレビ・雑誌広告等で扱う商品の一括表示のチェック、産経新聞・ESSEに掲載するレシピ作成を担当しています。そのノウハウをパッケージ化した『そうけんくん』をご紹介させていただきます。

セミナー2
16:00~17:00

加工食品の原料原産地表示の対応に向けて
~基幹システムの対応方法実践事例~

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

食品業界では必須のトレーサビリティや賞味期限管理など食の安全・安心に関する機能に加え、規格書の保管ソリューション連携もご紹介いたします。
また、規格書情報を社内申請するために、承認ワークフロー機能も求められています。
本セミナーでは、同業他社様の導入事例を交え、システム概要もご紹介致します。

展示会場
14:00~17:30

食品表示管理システム「そうけんくん」

株式会社エフシージー総合研究所

複雑な食品規制情報のデータベースに原材料・食品添加物・残留農薬、約1万データとのリンク機能を標準装備。食品メーカー、輸入・流通業者などユーザーごとに異なる多様なニーズに応えるシステムを構築します。

商品規格書の保管ソリューション 「DocuWorks」

富士ゼロックス東京株式会社

製品規格書や原料規格書、原産地証明書をデータファイル化し、基幹システム(スーパーカクテル)の商品/取引先と連携し、関連文書を即座に呼び出すことが可能です。

食品製造業向け基幹システム「スーパーカクテルデュオFOODs」

株式会社内田洋行ITソリューションズ

調達から生産、販売まで一元管理を実現。食品製造業・加工業、卸業など、食品を扱う企業の業務に特化したERPパッケージです。

食品製造小売業向け基幹システム
「スーパーカクテルデュオFOODs 店舗販売」

株式会社内田洋行ITソリューションズ

食品製造業で多くの導入実績を持つ「スーパーカクテルデュオFOODs」に小売業態の機能をアドオン。 デパ地下・駅ナカ・路面店を運営する食品メーカー様に、最適なビジネスプロセスを提供、業務の効率化と業務品質の向上を支援します。

食品企業向けハードソリューション
・自動紙折機「EZFシリーズ」
・自動ミシン目カッター「きりとれーる」
・帯掛機「テーピット」

株式会社ウチダテクノ

案内状やダイレクトメールの折作業を手軽・簡単操作で効率化可能な自動紙折機や、普通紙にミシン目や切り目を簡単に加工できる自動ミシン目カッター、多様な種類の帯(テープ)に対応し、商品の帯掛けを簡単にできる帯掛機等、食品企業様で活用が可能です。

※同業の方のお申し込みは、お断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
首都圏事業本部 ソリューション事業部 担当:掛巣
TEL:03-5777-6650 FAX:03-5777-7271