2017/09/26 八戸開催
食品 業務改善
食品業様においては、様々な外部環境への対応が求められ、その中で業務改善・経営品質向上により競争力向上を図られているかと思います。競争力向上に向け、今求められる基幹システムのご紹介や、データ分析事例ご紹介をいたします。また、HACCP義務化に向け、HACCP導入検討を開始される企業様も増えております。そこで、HACCP義務化における現状、勘所、支援ツールについてご紹介致します。

食品業様向け『見える化』セミナー

■ 開催概要
日 時
2017年9月26日(火)  13:15~16:30(受付開始13:00)
会 場
グランドサンピア 2F 寿
青森県八戸市東白山台1-1-1

参加費
無料
定 員
各セミナー18名
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ

※申込受付は終了しました。

■セミナー内容

セミナー①

13:15~13:45
定員18名

●食品製造・卸売業の基幹システム成功事例紹介
~食品業様の競争力向上に向け、今求められる基幹システムとは~

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

「軽減税率」「ISDN回線の廃止」 「トレーサビリティ」 「賞味期限管理」 「在庫適正化」 「製造原価の把握」など、食品業様においては、様々な外部環境への対応が求められ、その中で業務改善・経営品質向上により競争力向上を図られているかと思います。本セミナーでは、「販購買・在庫・生産・原価管理」の食品業向け統合パッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」を軸に、食品業様における基幹システム成功事例をご紹介致します。

セミナー②

14:00~14:30
定員18名

●食品業におけるデータ分析事例ご紹介~売上・利益の向上のために~

講師:株式会社エヌジェーケー、株式会社内田洋行ITソリューションズ

情報を蓄えるだけでなく、蓄えた情報を活用していくことが現在のビジネスにおいては必要となりつつあります。ただ、Excelでの集計作業に追われ、次の取り組みに向けたデータ分析は出来ていない企業様も多いのではないでしょうか。本セミナーでは、簡単操作のBIツール『DataNature』を用いて、データ分析の提供価値について、主に食品業界におけるデータ活用事例を交えてご紹介致します。売上・利益の向上に向けた商品分析・顧客分析・担当者分析・在庫適正化・製造実績分析・・・、貴社データの更なる有効活用にお役立て下さい。

セミナー③-A

14:45~15:45
定員18名

●HACCP義務化に向けて

講師:青森県健康福祉部保険衛生課 食品衛生グループ 主査  石井 昌史 氏

食品安全事件が頻発し、消費者から厳しい目が向けられる中、厚生労働省から義務化の方向性が示されています。食品事業者はHACCP義務化に向け、一刻も早い取り組みが不可欠になりつつあります。本セミナーでは、HACCP義務化における現状、HACCP導入における勘所をご説明致します。また、HACCP導入への第一歩として、青森県食品衛生自主衛生管理認証制度(A-HACCP)についてもご紹介致します。

セミナー③-B

16:00~16:30
定員18名

●HACCP文書作成支援ツールのご紹介~HACCPクリエータ~

講師:株式会社サン・プラニング・システムズ

HACCPの導入・運用にあたり、フローダイアグラム・ハザード分析表・OPRP/CCP管理表といったHACCP文書の作成・管理が必要となります。複数の文書作成が求められるため、生産性・効率性・文書品質確保に手間を要します。本セミナーでは、こうしたHACCP文書の作成支援ツール『HACCPクリエータ』をご紹介致します。新たにHACCP導入を目指す企業様、HACCP取得済みだが文書作成に苦労している企業様、いずれの企業様にも有効なツールです。

※同業の方のお申し込みは、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
食品業様向け『見える化』セミナー担当事務局:溝江(みぞえ)
TEL:0178-72-5972 FAX:0178-24-7444