2018/03/14 静岡開催
貿易 課題解決 業務改善
貿易におけるベネフィット最大化とリスクの最小化をご紹介いたします。途上国と貿易を始める場合の留意点、関税ゼロ等恩典を受ける場合の大切なポイント・見落としがちな貿易のコンプライアンスなど詳しくご紹介します。
また、現場で使える輸出入業務管理もご紹介いたします。
皆さまのご来場を心からお待ちしております。

貿易業務向上セミナー

■ 開催概要
日 時
2018年3月14日(水)  14:00~16:45(受付開始13:45)
会 場
富士通株式会社 静岡支社内 13階
静岡県静岡市駿河区南町18-1(サウスポット静岡)

交通のご案内:
JR静岡駅(南口)徒歩3分
参加費
無料
定 員
20名
主 催
株式会社内田洋行ITソリューションズ
(協力:株式会社富士通マーケティング)

※申込受付は終了しました。

■セミナー内容

第一部
14:00~15:30

『貿易におけるベネフィット最大化とリスクの最小化』

講師:トレードタックス国際税務・会計事務所 代表 千田 昌明氏

ベネフィットとリスクの相反するバランスを貿易取引においていかにコントロールするか重要なのは言うまでもありません。特に重要な途上国と貿易を始める場合の留意点も交えわかりやすく解説いたします。
関税ゼロ等恩典を受ける場合の大切なポイント・見落としがちな貿易のコンプライアンスについてお話しします。

<プロフィール>
米国公認会計士・米国税理士・ジェトロ認定貿易アドバイザー・通関士有資格者 慶應義塾大学経済学部卒業、㈱三菱銀行勤務後、上場企業㈱ルシアン取締役、
㈱ユーシン精機 米国子会社CFO等を経て独立。2018年エチオピアトレードセンターを設立。執筆・講師経験多数。

第二部
15:45~16:45

現場で使える輸出入業務管理のご紹介

講師:株式会社内田洋行ITソリューションズ

貿易実務の現場においては特定の担当者様への負荷の軽減や、業務工程の見える化が長年の課題となっています。しかし現実は商品や取引相手国などにより商習慣、取引形態が様々であり、どうしても業務ノウハウが担当者個人の力量に依存しているのが実情です。
昨今の働き方改革が提唱される中、貿易事務における職場環境の改善にも注目されています。そのような背景から、最近お問合せの多い輸出入業務の標準化ならびに効率化、情報共有の実現ポイントをシステム導入の成功例からご説明いたします。

※同業の方のお申し込みは、お断りする場合がございます。

※申込受付は終了しました。


お問い合わせ先
「貿易業務向上セミナー in 静岡」事務局
TEL:054-652-2021 FAX:054-652-2020