情報共有

情報共有社内での情報のやり取りは言わば人体における血管のようなものです。
末端まで潤滑に流れなければ、組織は壊れてしまいます。しかし流れる量にも限度があります。
情報過多になりがちな今、リアルタイムで必要な情報のみを適切にやり取りできる環境が必要となっています。
内田洋行ITソリューションズでは社内のコミュニケーションにかかわる全てを一括でご提案し、ユニファイドコミュニケーションを推進いたします。

こんな課題ありませんか?
ユニファイドコミュニケーション

  • 遠隔地とのコミュニケーション
  • 営業の案件情報の共有
  • スケジュールの共有
  • 資料の共有
遠隔地とのコミュニケーション
課題こんなご要望にお応えします
  • 本社-支店間の出張が多く、交通・宿泊費がかかる/出張の際の移動の時間が無駄
  • 工場と製品を見せながら話がしたい。
  • 勉強会などを複数の拠点に一括で配信したい
  • 災害などで出社できない、移動ができない際の事業継続ために
効果テレビ会議・WEB会議を導入したら
  • 皆が都合のつく時間帯に簡単にミーティングが可能。
  • 高品質な画像、音声で相手の表情までわかります。
  • 会議資料(エクセル、パワーポイント等)を共有しながらの会議もできます。
  • WEB会議なら外出先からでもスマートフォンから気軽に参加。
経費削減
こんな場合はテレビ会議
・高品質な映像と音声が必要
・会議室に据え置きで多人数で会議を行いたい
・すでにVPNは引いており初期費用だけで済ませたい
内田洋行ITソリューションズのおすすめ
・SONYテレビ会議システム
・パナソニックテレビ会議システム
こんな場合はWEB会議
・外出先からスマートフォンで参加したい
・自分のデスクからパソコンで参加したい
・初期費用は安く、気軽に始めたい
・専用線が引けない環境にある
内田洋行ITソリューションズのおすすめ
・LiveOn

営業の案件情報の共有

課題こんなご要望にお応えします
  • 日報の入力を効率化したい
  • 担当のお客様が多く、すべての商談履歴を把握しきれない
  • 部下の案件の進捗状況を把握したい
  • 直帰が多いので外出先からスマートフォンで入力したい
  • 高機能なSFAを導入したが、ほとんど活用されていない
ITSにご相談ください
お客様のお悩みをヒアリングし最適なSFAシステムをご提案いたします。
SFAとは

営業活動を管理し、顧客のデータベースを一元管理することにより、営業の活動・案件を共有化し、営業部門全体で顧客に対して戦略的な活動を行えるようにした支援ツールです。

効果SFA導入効果
  • 各営業が抱える案件をまとめて把握可能になった。
  • 上司から各営業に的確な指示を行うことができ、商談が進んだ。
  • 会社に戻らず移動時間や空き時間に、報告業務ができた。
  • 客先に入る前にお客様の情報や商談履歴、訪問履歴を把握できた。
ITSおすすめ
・NICE営業物語
・顧客マスタープロ

スケジュールの共有

課題こんなご要望にお応えします
  • ミーティングを行いたいが、全員が空いている時間を知りたい
  • 合わせて会議室などの空き状況を把握したい
  • 外出先から課員のスケジュールを確認したい
  • 掲示板、メッセージ機能を使用したい。
  • 紙の電話メモをやめたい
  • わずらわしい勤怠集計の手間を軽減したい
効果グループウェアは社内の生産性を上げる基礎となります。
グループウェアの導入でスケジュールの共有だけではなく、掲示板、メッセージ、施設予約、ファイル管理、メール、ワークフローなど様々な機能を一括で管理できますので業務効率が格段に向上いたします。
グループウェアで情報共有
ITSおすすめ
・サイボウズOffice10
・サイボウズガルーン
※内田洋行ITソリューションズはサイボウズのオフィシャルセールスパートナーです。
・株式会社デジジャパン「Touch On Time」
※内田洋行ITソリューションズはデジジャパンの販売パートナーです。

資料の共有

課題こんなご要望にお応えします
  • 再読しないような紙の資料がたまっている。
  • 保存したはずの紙の資料がどこにあるか探し出せない。
  • 外出先から電子化された資料をタブレット端末で閲覧したい。
  • 基幹システムから出てくる膨大な資料が捨てられない。

communication_04

もう何年も前から「ペーパーレス」と言われていますがなかなか実現するのは難しい。
効果内田洋行ITソリューションズが豊富な経験からアドバイスいたします

  • 膨大な量のデータでも検索により簡単に必要な資料が取り出せる。
  • 紙の資料を置く物理的なスペースが削減でき、コスト削減につながった。
  • 権限の設定により、必要な資料だけを簡単に共有することが可能になった。
  • カタログの電子化により、重いカタログも持ち運ばなくてよくなった。
    また、客先で急に必要になった資料がすぐに閲覧できるようになった。
communication_05
ITSおすすめ
・楽々ライブラリ
・moreNOTE
PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.