IoTとは

iot3

IoTとは

「IoT」とは、Internet of Thingの略で、それぞれのイニシャルをとって”アイ・オー・ティー”と読みます。ありとあらゆるモノにセンサーが組み込まれて直接ネットに繋がり、直接通信できるような仕組みのことです。

これまで、インターネット通信・センサー・データ処理などの機能は、PCやスマホ、特定のIT機器だけが備えていたものですが、IoTではありとあらゆるものがこれらの機能を備えることになります。既に「スマートフォン」「タブレット」などのインターネットと接続することができる「IoTデバイス」を持っている人が多いのではないでしょうか。

IoTの関連記事

IoTで高精度な情報収集が出来る

企業にとって顧客の本当のニーズや実際どのように使っているのかを知ることはマーケティング上、大変重要です。そのための情報を非常に高い精度で得ることが出来るようになります。センサーには温度センサー、湿度センサー、加速度センサー、人感センサーなど様々な種類があり、 モノから情報を取得することがIoTのスタート です。

IoTで画期的な商品を作ることが出来る

商品自体にネット通信が出来る機能やセンサーをつけることによって、画期的な商品を作ることができます。お掃除ロボットやエアコンがそれにあたります。外出先から操作もできますし、帰宅時には快適な環境を整えてくれる画期的な商品です。

先に何かつくって、後から安易にインターネットにつなげるのではなく、設計の段階からインターネットと密接不可分の製品づくりを行うといったIoTを前提にした明確な戦略も必要です。

IoTで製造現場を効率化出来る

工場の設備や機械にセンサーや通信機器をつけることによって、 製造現場の見える化が可能に なります。工場単体ではなくサプライチェーン間(原料仕入れ、輸送、加工、組み立て、販売など)の連携も密にでき、 仕入れや在庫の最適化を高度に行う ことができます。

モノが作動して人に最適なフィードバックをすることで、分析結果に応じてモノが動作することができます。モノから得た情報を、インターネットを経由してクラウドに蓄積すれば、パソコン・スマホなど様々な機器で情報の出し入れが可能になります。現場の改善活動をIoTによって見直していくことができます。

IoTで改善する

IoTによる高度化は「インダストリー4.0」あるいは「次の産業革命」と呼ばれ、国の産業競争力を左右する技術と言われています。センサーやビッグデータ分析の力によって利便性を享受できるのは確実です。工場外との連携やインフラ間の連携のように、より広く連携することで 全体としての最適化を実現していくことができます 。スケールを広げれば広げるほど、最適化すべき余地も大きくなり最適化の価値は高まります。製造業様向け生産管理システム『 電脳工場 』を使用して、 生産の余剰や不足を防いで利益率の低下を防止し、改善 してみませんか。

IoTの関連記事を読む

IoTを進めるシステムを見る

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.