働き方改革

workstyle3

働き方改革とは

国を挙げての課題となっている 「働き方改革」 。政府の目的を端的に示すとしたら、それは労働力の増加です。しかし、中期的に見て日本は少子高齢化が進み、今後日本の労働人口は減り続けると見られています。
働く人が減る以上、一人ひとりが働き方を変え、 生産性を上げなければ労働力の低下は避けられません 。人手不足により、営業時間の短縮、サービスや事業の低下、事業の縮小などを余儀なくされることも少なくありません。また、賃金が高くなる傾向があり、企業の人件費の負担も重くなります。

働き方改革の関連記事

働き方改革のメリット

メリット
  • 長時間労働が減り、結果的に少子化対策につながる

  • メリハリを付けて生産性を向上につながる

  • 賃金面の改善によって、経済的余裕が生まれる

  • 働き方の選択肢が増え、労働者の確保もしやすくなる

  • 在宅ワークが促進されれば、通勤ラッシュも緩和される

働き方改革の4つの背景

2016年8月に発足した改造内閣では、政策の大きな柱の1つとして 「働き方改革」 を打ち出しています。日本が抱える社会構造や労働環境における実状により、第一に労働人口が減少し、第二に労働生産性が低下します。第三に国際競争力は弱まっており、第四に労働環境は悪化しつつあります。従来の働き方が機能しなくなってきたことが、いまや働き方改革が国家戦略として扱われるようになった原因です。

四つそれぞれの実情が働き方改革によって、優秀な人材の確保や、生産性の向上、イノベーションの創出、働きやすい環境の構築へと解決へ転換していくために、新しい働き方が求められています。

働き方改革の目的

働き方改革の目的の一つは、残業時間に上限を設けることで、この 長時間労働問題を改善すること です。「KAROSHI(過労死)」という言葉が世界中に知られていることからも、日本の長時間労働は世界的に見ても非常に深刻な問題だと言えます。

二つ目は 同一労働同一賃金 です。正社員や非正規社員といった働き方に関わらず、同じ仕事をする方には同じだけの賃金を支払うという考えです。非正規の賃金が社員の6割程度しかなく、世界的に見ても格差が広がっている状況であり、不当な処遇を改善することも、働き方改革の目的の一つです。

三つ目は、価値観やライフスタイルの多様化により、自分に合った 柔軟な働き方 を求める方が増えてきています。在宅ワークなどの環境を整備することも、働き方改革の目的なのです。

働き方を進める勤怠管理システムとは

環境が刻々と変化を続けるなか、多くの日本企業にとって従来の働き方を見直すべき時が来ています。今後どのように企業価値を高め、社会に還元していくことができるのか。働き方改革は、避けては通れない必須事項だと言えるでしょう。では、一体企業はどのような対策に取り組めば良いのでしょうか?

今後、従業員の多様な働き方を受け入れていく企業にとって、 正確な勤怠管理が最も重要です 

勤怠管理システムを利用することで、時間や場所を選ばない雇用や、フレックス勤務制度、みなし残業制度、複雑なシフト管理など、 多様な勤務体系に対応できるようになります 。勤務日数や勤務時間などをデータ化し、従業員の勤怠状況を効率的に把握することが出来、従業員に意欲ややりがいをもって働いてもらうことにもつながります。多様な勤務形態への対応もしているので正確に把握できます。

例えば、勤怠管理システム『 Touch on Time 』の導入を行い、 働き方改革に対応 していくことが、今後の企業の発展につながるのではないでしょうか。管理する側の人間の労働時間も限られている中、 勤怠管理業務の効率化 を図る動きが出てきています。たとえば指紋認証や静脈認証などがあり、技術は大きく進んでいます。勤怠管理システム『 Touch on Time 』をうまく活用すれば 大幅な業務効率アップ を図れます。

働き方改革の関連記事を読む

働き方改革を進めるシステムを見る

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.