電子帳票システム i-Reporterの機能

i-reporter

電子帳票システム「i-Reporter」の機能

電子帳票システム「i-Reporter」アプリ

記入、撮影、報告をタブレットひとつで

これまでの作業で必要だった、帳票の束、資料類、撮影用カメラ、作業後のExcelやシステムへの転記作業はすべてタブレットひとつで完結します。

i-Reporter アプリの帳票ライブラリーから帳票を開いて編集、画像はタブレットのカメラで撮影すれば、クラスターにぴたりと収まります。資料の閲覧や、画像への書き込み、帳票上へのメモ書きも可能です。

帳票をサーバーに保存するとExcel帳票が自動出力できるので、そのまま報告書として利用できます。外部システムとの連携がされていれば、転記や集計は不要です。

app
▲ i-Reporter アプリ(iOS)
動作環境(iOS):  iOS 7 以上   iPad2 以上   iPhone 5 以上(iOS 7 以上) 

動作環境(Windows):  Windows 7 以上   Windows 10 対応 

電子帳票システム「i-Reporter」アプリの主な機能

機能 説明
帳票ライブラリー 帳票定義と帳票の一覧を表示します。権限のある帳票のみ表示され、許可されていればタブレット本体への保存も可能です。
帳票の作成・編集・保存 帳票定義から新規帳票を作成したり、編集途中の帳票を取得して編集を再開することができます。編集途中でタブレットへの一時保存、サーバーへの途中保存、編集完了として保存、などが可能です。
多彩な入力方式 Designer での設定にしたがって、様々な入力方式での編集が可能です。年月日の書式や、単位、桁数を統一したり、決められた順序での入力、選択項目の絞り込みなどで、記入ミスや漏れを防ぐことができます。
写真撮影 タブレットのカメラで現場の写真を撮影し、帳票に貼り付けられます。入力欄にフィットさせたり、画像の切り出し、画像上へのメモ書きなども可能です。
必須項目のチェック 完了保存時や、任意のタイミングで必須項目が入力されているかチェックすることができます。
ページのコピー 入力欄の数が作業ごとに変わる場合でも、帳票の特定のページをコピーして、入力欄を増やすことができます。コピーしたページを挿入する位置を選ぶことができ、入力済みの値を一緒にコピーすることも可能です。
帳票のコピー 入力済みの帳票をコピーして、前回の入力結果を再利用した帳票作成ができます。
フリードロー ペンでの自由な書き込みと、図形や丸囲み文字、画像の貼り付け、テキストの入力などができます。フリードロークラスターへの記入と、帳票全体への記入が可能です。帳票全体へ記入した内容は、帳票自体とは別レイヤーで管理され、非表示にすることもできます。
カスタムマスターを
利用した入力
Manager と Designer で設定されたカスタムマスターを利用して、キーとなるクラスターへの入力で、対応したクラスターに自動入力ができます。
図書ライブラリー Manager で管理されたドキュメントをタブレットで閲覧できます。権限のあるものだけが表示され、許可されていればダウンロードも可能です。
スケジュールの参照 Manager で設定されたタスクをカレンダーで確認することができます。

電子帳票システム「i-Reporter」カタログダウンロード

電子帳票システム「i-Reporter」の製品カタログをPDFにてダウンロードいただけます。

bn_dl_i-reporter

ConMas Designer

ノンプログラミングで帳票設計

帳票定義(ひな形)は、ConMas Designer で作成します。Designer はすべての操作をGUIで行うことができ、書式の変更、必須入力、入力順番制御や計算式、閾値の表示方法など、豊富な入力制御がノンプログラミングで設定できます。帳票設計のためにプログラムを習得したり、費用を払って外注する必要はありません。

i-Reporter上での帳票のデーターは、帳票背景のPDFと設定情報のXML、画像などのメディアファイルで構成され、全て ConMas Server に保存されます。

designer-ss
▲ ConMas Designer

動作環境(iOS):  Windows Vista 以上のクライアントOS   Windows 10 対応 

※ Windows Server および、Windows RT、Windows Embeddedには対応しておりません。
※ エクセルファイルの取り込みを行うには、Microsoft Excel 2007 以上が必要です。

ConMas Designer の主な機能

機能 説明
帳票定義の取込 帳票定義の背景として、Excel、PDF、画像を取り込めます。Excelファイルの場合は、アドインを使用してクラスター(入力フィールド)のセルの指定、入力種別の設定などができます。
入力種別の設定 クラスターにはキーボード、年月日、時刻、チェックボックス、選択、承認、バーコード、QRコード、GPS、画像など、30以上の入力方法を設定できます。
パラメーターの設定 入力種別ごとに、書式やしきい値、チェックボックスの形状、入力のタイミング、必須項目など、現場の運用に合わせた条件と表示方法を設定できます。
入力順序の設定 ネットワーク設定により、指定した順序での入力を指示、または強制することができます。
カーボンコピーの設定 カーボンコピー設定を行うと、複写式帳票のように、入力した内容をコピー先のクラスターにも即座に入力できます。紙とは違い、コピー先の位置合わせは必要ありません。
帳票コピー 記入済みの帳票の入力値を、元のクラスターや、別のクラスターにコピー、または移動することができます。前回入力値を再利用した帳票が簡単に利用できるようになります。
カスタムマスター ConMas Manager に設定されたカスタムマスターを利用して、キーとなる一つのクラスターで行を選択するだけで、対応する値を他の複数のクラスターに一度に入力することができます。
QRコードの分解 QRコードを読み取った値を、対応する複数のクラスターに指定のカンマ/タブ/桁数で分割して入力することができます。
その他 帳票名称の設定や、タブレットでのデータの保存可否/保存期間の設定、帳票で扱う画像の設定などの帳票定義情報設定

使い慣れた帳票をそのままのイメージで電子帳票に

帳票定義の背景は、Excel、PDF、画像を取り込んで作成でき、その上にクラスターを配置します。使い慣れた既存の帳票をほぼそのままの見た目で電子化できます。

エクセル用アドインを利用すると、クラスターの配置をエクセル上で簡単に行えます。さらに、Designer で設定した各種情報を含んだエクセルファイルを出力し、再編集できるようになります。

excelform
▲エクセルファイルの取込
designer-import-lg

ConMas Manager

ブラウザからシステム管理

Manager は、主に管理者や承認権限のあるユーザーが利用するWEBアプリです。帳票データーの管理・編集、ドキュメントの管理、スケジュールの登録、ラベルの作成・管理、メール通知の設定、データーの一括入出力などを、ブラウザから行うことができます。

ローカルネットワーク上での管理はもちろん、インターネット上に公開して遠隔地で集中管理することが可能です。

manager-ss
▲ ConMas Manager

動作環境:  Internet Explorer 8以上   Google Chrome    Mobile Safari(iPad) 

ConMas Manager の主な機能

機能 説明
ユーザー管理 ユーザーの追加、編集を行います。ユーザーには期限や印影の登録、所属グループなどの設定ができます。
グループ管理 グループには権限を設定できます。ユーザーの権限を設定するには、先に必要な権限をもったグループを作成し、ユーザーをそのグループに所属させます。Manager上のアクセス、帳票定義、入力帳票、クラスター別など、細かな設定が可能です。
端末管理 Designer と i-Reporter アプリから接続するには、アカウントでのログインと、利用する端末の承認が必要です。端末から申請を行い、管理者がManager上で承認することでデーターのやりとりができるようになります。
帳票定義の管理 Designerで作成、保存された帳票定義の管理を行います。ラベルの付与、権限の詳細設定、ドキュメントの追加など、帳票定義情報の編集が可能です。
入力帳票の管理 i-Reporter アプリで作成、保存された帳票の管理を行います。申請の承認や、帳票情報の編集、入力済み帳票をCSV、Excel、PDFで出力することなどが可能です。
カスタムマスターの管理 カスタムマスターを利用すると、キーとなる値を選択することで、対応するクラスターに自動で値をセットできます。(例えば、郵便番号を選択して都道府県/市区町村を入力する、商品IDを選択して価格と画像を入力する、等)
Manager ではCSVを取り込んで、カスタムマスターを登録できます。
ドキュメント管理機能 図面や手順書など、帳票入力時に参照するためのドキュメントを登録できます。PDFやExcel、Powerpoint、画像、動画などのファイルに加えて、URLの参照も可能です。端末へのダウンロード可否、保存期限なども設定できます。
スケジュール管理機能 特定の日時に作業する帳票をタスクとして登録することができます。
メール通知設定 申請、承認や、入力の完了、特定のクラスターの値変更などをメールで通知することができます。
一括データー出力 入力帳票のデーターを、一括でCSV、PDF、またはExcelとして書き出すことができます。入力されている画像をファイルとして書き出しも可能です。

ConMas Server

 サーバー機能 

ConMas Server は、ManagerDesigneri-Reporter アプリ外部連携 APIの、すべてのデーターを管理します。それぞれのアプリケーションで保存されたデーターは、必ず ConMas Server を経由してやりとりされます。

Manager と外部連携 API は、ConMas Server が提供するWEBアプリです。

動作環境:  Windows Server 2008 R2 以上   IIS7.5以上  

 データーベース 

サーバーで管理されているデーターは PostgreSQL データーベースに保存されます。(一部のメディアファイル等は指定のディレクトリに保存されます)

参照用のビューを公開しているため、直接データーベースに接続してデーターの取得が可能です。

動作環境:  PostgreSQL 9 (x64) 

外部連携 API(オプション)

外部システムとの連携

標準パッケージの場合でも、帳票自動出力の保存先を監視したり、PostgreSQLの参照用ビューからデーターを取得することは可能です。(監視プログラムやデーターベース接続プログラムは別途開発が必要です)

外部連携 API を利用すると参照だけでなく、外部からデーターの取得、登録、更新をリアルタイムで行えます。

動作環境:  ConMas Server に準じます 

api_01

自動帳票作成

基幹システムから情報を取得し、データを差し込み済みの帳票を作成できます。

api_02

帳票データの登録

入力が完了し、承認された帳票のデータを基幹システムへ登録することができます。

電子帳票システム「i-Reporter」カタログダウンロード

電子帳票システム「i-Reporter」の製品カタログをPDFにてダウンロードいただけます。

bn_dl_i-reporter

※「ConMas i-Reporter」は、株式会社シムトップスの登録商標です。

PAGETOP
COPYRIGHT (C) UCHIDA YOKO IT SOLUTIONS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.