建設業向けERP「PROCES.S」のエンタープライズ版を新たに拡充

建設業向けERP「PROCES.S」のエンタープライズ版を新たに拡充

 株式会社内田洋行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大久保昇、以下、内田洋行)の連結子会社である株式会社内田洋行ITソリューションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:新家 俊英 以下内田洋行ITソリューションズ)が販売する建設工事業向けERPシステム「PROCES(プロセス).S」は、きめ細やかな業種特化システムとして、1985年の発売開始以来、建設工事業で350社を越える多くのお客様に導入をいただいております。

 今回、新たにクラウド環境に対応したWEB型ERPとして大幅な機能拡充を行った「PROCES(プロセス).Sエンタープライズバージョン」を、3月20日より、全国にて発売開始いたします。

「PROCES.Sエンタープライズバージョン」の開発背景

 国土交通省は、建設業界の働き方改革促進に向けて、週休2日の確保をはじめ、長時間労働の是正、給与・社会保険、生産性向上の3つの分野における新たな施策「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定し、人材獲得に繋げる検討をしています。

 また、2025年度までに建設現場の生産性を20%向上することを目標とした「i-Construction」への対応として、ICT導入によって本社側のバックオフィスでも働き方の効率化やマネジメントレベルを引き上げることが進められています。

 その一方で、2020年に向けて首都圏で建設事業が次々と着工するなかで、プロジェクトも大規模化しており、工期の長期化、費目や金額の増大など、現場の業務管理や会計の管理が複雑化することへの対応が課題となっています。

 このようなことから、経営・経理・現場管理のそれぞれの視点で、プロジェクトの各段階から原価管理や実行予算作成を徹底するために、ICTを活用することへのご要望が高まっています。

 今回発売する「PROCES.Sエンタープライズバージョン」は、新たにクラウド環境のWEB型ERPシステムとして様々な機能を強化しました。いつでも、どこでもリアルタイムに財務や工事情報を活用いただけます。日によって変わる現場事務所での移動や、外出先からでも、進捗管理が行えます。

 そのほか、経営者、経理担当者、現場管理者のそれぞれの視点から、スピーディに課題を発見するために、より確認・活用しやすいユーザーインターフェースにデザインチェンジし、操作性を格段にアップしました。現場毎の利益率や工程の進捗状況と実際原価等をタイムリーに監視いただけます。
加えて、多種多様な帳票の自由設計や自動仕訳、データベース検索などを機能拡張し、複雑化するプロジェクトの統合的な管理や、日々変化する会計基準や内部統制、法改正への準拠など、経営プラットフォームの強化も行っております。

 尚、現場での働き方改革が進むことから、日報管理、作業員手配や工数集計など、日常的にご利用になるシステムとの連携が行えるよう、API連携機能も搭載いたしました。

 「PROCES.Sエンタープライズバージョン」は、建設業のみなさまの課題解決をご支援します。

PROCES.S(プロセス)の主な特長

PROCES.S(プロセス)の主な特長

強化・追加した機能の特長

 「PROCES.Sエンタープライズバージョン」は、クラウド環境対応のWEB型ERPシステムとして、新たに内部統制や帳票の自由設計、自動仕訳、働き方変革関連のAPI連携などの新機能を搭載します。※クラウド対応、オンプレミス対応が選択できます。

①WEB帳票機能の追加

WEB帳票機能の追加

 建設・工事業特有の管理項目を標準搭載し、蓄積された情報をあらゆる条件と視点で自由に抽出・照会・出力が可能。WEB対応の自由帳票の機能を追加し、モニタリングを強化します。

②原価管理・実行予算監視の強化

 工事に対する完成見込原価、利益の確認を大幅に強化しました。契約前の案件情報や実行予算、今後支出見込入力により最終予想利益の早期把握が可能です。販売データは仕訳として財務管理システムに連動、販売と工事の実績を合算した管理ができます。

③お客様ごとの照会画面のインターフェースを搭載

お客様ごとの照会画面のインターフェースを搭載

 財務や工事の進捗など見たい情報や条件を記憶し、担当者ごとのオリジナルの照会画面を簡単に作成できます。部署や担当者ごとのレポート作成機能や「お気に入り」登録機能によってワンタッチで欲しい情報にアクセスできるため、効率化アップを支援します。

④クラウドAPI連携を追加

 働き方改革で要望の高まっている現場の勤務時間管理、日報管理、作業員手配や工数集計など他社のシステムとのAPI連携によってトータルシステムの構築が可能です。

⑤財務データの自動仕訳やデータの一元管理機能を強化

財務データの自動仕訳やデータの一元管理機能を強化

 業務管理における請求、支払、入金管理の入金、手形管理の手形決済など、財務連動を必要とする各種データは自動仕訳で即時更新。統合データベースにより、基幹業務で必要なデータ・マスタを一元管理しており、二重入力も排除します。紙や別のシステムで管理されていたデータも全て一元管理が可能。

⑥内部統制機能を強化

内部統制機能を強化

 各プログラム単位に「参照権」「入力権」「印刷権」「データ出力権」「削除権」などの権限機能の設定が可能。データの変更や項目の履歴情報の詳細も確認できます。

⑦過年度の実績情報やキーワード検索機能を追加

過年度の実績情報やキーワード検索機能を追加

 過去の情報データに対して検索機能を追加しました。過年度をさかのぼって経費の使用年度や、過去の資材調達など現在の案件との比較やプロジェクトの全体像の把握や俯瞰した情報を確認することが可能です。キーワード検索にも対応しています。

発売日 2019年3月20日(水)
※2019年12月には市場拡大する維持や修繕など、保守メンテナンス履歴の機能も搭載する予定です。
販売金額・目標 発売後1年間で50社の売り上げを目指します。
クラウド版 100千円/月~(パッケージ利用料のみ、カスタマイズ、サポート別、消費税抜き)
オンプレミス版5,000千円~(パッケージ利用料のみ、カスタマイズ、サポート別、消費税抜き)
動作環境 Windows Server2016、SQL Server 2016、メモリ16GB以上推奨
クライアントWindows10、メモリ4GB以上推奨、IE 11

建設・工事業向けERPシステム「PROCES.S」の詳細はコチラよりご覧いただけます。

お問い合わせ先
株式会社内田洋行ITソリューションズ
代表電話 03-5777-6621
プライバシーマーク