スーパーカクテルCoreの特長

スーパーカクテル Core TOP

現在、ご利用中のシステムや日々の業務において
このような課題をお持ちではありませんか?

  • システムの老朽化や複雑化で、保守・運用コストが増大している
  • リプレイスを検討しているが、自社のフローは大きく変えたくない
  • 中小・中堅企業の現場にフィットしやすいシステムを探している
  • 業務の自動化や物流改善により、今後の労働力不足に備えたい
  • 食品業の業務ノウハウに詳しいITベンダーを探している

スーパーカクテル 4つの特長

食品業の他、さまざまな業種に対応。
お客さまの強みを活かし、企業競争力の向上を支援!

中堅・中小企業のお客さまを中心に、
450業種、5,500本以上の導入実績
機能強化やシステム連携を継続的に行っています。

内田洋行は、昭和36年に初めて国産のオフィスコンピュータを開発して以来、中堅企業や地方自治体を中心に多くの業務システムを導入してきました。1997年にリリースされた「スーパーカクテルシリーズ」は、長年を通して培った業種・業務ノウハウが惜しみなく投入されており、業務プロセスの変化やお客さまからのご要望を受けて機能強化やバージョンアップを継続的に行っています。ずっと使える、安心のシステムとして、大変多くのお客さまに選ばれています。

お客様の競争優位業務の標準化同時に実現
企業競争力の向上を強力に支援します。

「業務の標準化」は、重要なシステム課題の1つです。しかし、業界特有の業務プロセスや主要な取引先との個別対応処理など、標準化しにくい業務モデルの中にこそ、企業の強みや競争力が多く含まれています。スーパーカクテルは、洗練された業種・業務テンプレートに加えて、パラメータ設定やプログラムカスタマイズ機能を装備。お客さまごとに特有の業務プロセスにあわせてシステム構築できます。

経営情報の”コア”として、
様々なサービスや取引先とつながり、
ひろがって、お客様とともに成長します。

2018年秋にリリースした「スーパーカクテルCore」は、スーパーカクテルシリーズの強みを受け継いだ最新バージョン。使いやすさや豊富な機能、拡張性・柔軟性はそのままに、様々なサービスやデータとシームレスに連携します。業務の自動化や効率化はもちろん、より迅速な経営判断を支援します。

食品製造業食品卸売業における、
サプライチェーンの課題を
ITシステムで解決します。

スーパーカクテルシリーズは、業界特有の業務プロセスやノウハウを凝縮した業種別パッケージやライブラリも多数ご用意し、幅広い業種のお客さまにご導入いただきました。なかでも、食品業(食品製造業、食品卸売業)においては、80以上の細業種への対応実績。トレーサビリティ、生産・原価管理、物流、業務の自動化・計画、分析など、食品業のあらゆる課題を解決するためにご支援いたします。

スーパーカクテルが、こんなご評価をいただきました!

食品業向けERP シェアNo.1※ 4年連続達成

食品業向けERP市場4年連続シェアNo.1

日本全国の食品メーカー・卸売業のお客さまに多数の導入実績。
4年連続でシェアNo.1 を獲得しました。

出典:ITR「ITR MARTKET VIEW:ERP市場2018-2019」ERP市場ー食品:ベンダー別売上金額シェア(2015-2018年度予測)
※ スーパーカクテルCore、スーパーカクテルイノーヴァが対象

日食優秀食品機械賞を受賞

日食優秀食品機械賞を受賞

日本食糧新聞社の「第18回日食優秀食品 機械資材・素材賞」に選ばれました。

※スーパーカクテルデュオ FOODs、スーパーカクテルデュオ FOODs店舗販売 にて受賞

ERP / 基幹業務システム「スーパーカクテルCore」

API連携を利用し業務の自動化や効率化する機能強化されたスーパーカクテル

「スーパーカクテルCore」カタログダウンロード

本製品「スーパーカクテルCore」の製品カタログをPDFにてダウンロードいただけます。


「スーパーカクテルCore」カタログダウンロード

プライバシーマーク