貿易業システム Vport

輸出入貿易業務システム「貿易業システムVPort」概要

通関・船積、決済、入荷にかかわる業務をサポートする輸出業務・輸入業務システム

Usolia貿易業システム(VPort)は、通関書類・輸出関連ドキュメント作成など煩雑な貿易業務を管理するソフトウェアです。
ドキュメント作成の効率化、利益を生む原価管理、各社固有の経費按分処理へ柔軟に対応し、債権債務管理により資金繰りを強力にサポートします。

貿易業務のコンプライアンスを実現し、内部統制を支援

Usolia貿易業システム(VPort)は、企業体質の強化を推進するだけでなく、貿易業務のコンプライアンスを実現します。

「VPort」カタログダウンロード

本製品「貿易業システム(VPort)」のカタログを今すぐご覧いただけます。


輸出入貿易業務システム「貿易業システム(VPort)」システム概要図

基幹業務との連携がスムーズ

基幹業務連携を前提とした開発思想により、主要マスタを含めたシームレスな連携を実現しております。
ERPシステムや販売管理システムとの連携による導入事例も豊富です。

販売管理システムと貿易業務システム連携事例(繊維製品製造・卸売業)
販売管理システム「スーパーカクテルデュオ販売」「貿易業システム(VPort)」

ショッピングサイトの受注データを自動取り込み、
業務効率・経営品質が向上

鉄鋼業向け販売管理システムと貿易業務システム連携事例(鋼管加工・卸売業)
鉄鋼業向けERPシステム「スーパーカクテルデュオ鉄鋼」「貿易業システム(VPort)」

鉄鋼業界特化システムと貿易業務システムを連携
業務の大幅な効率化の実現

鉄鋼業向け販売管理システムと貿易業務システム連携事例(鋼管加工・卸売業)
鉄鋼業向けERPシステム「スーパーカクテルデュオ鉄鋼」「貿易業システム(VPort)」

業種特化したシステムに輸入業務、会計業務に特化したソフトとの連携

食品業向けERPシステムと貿易業務システム連携事例(酒類・食品卸売業)
食品業向けERPシステム「スーパーカクテルデュオFOODs」「貿易業システム(VPort)」

食品業向けERPシステムと貿易業務システムの連携でドキュメント作成の効率化や、輸出入業務におけるトレーサビリティを実現。

食品業向けERPシステムと貿易業務システム連携事例(産業機械・コーヒー卸売業)
食品業向けERPシステム「スーパーカクテルデュオFOODs」「貿易業システム(VPort)」

販売管理・貿易・会計をシステム連携し情報を一元化、顧客満足度も向上

食品業向けERPシステムと貿易業務システム連携事例(チョコレート・カカオ卸売業)
食品業向けERPシステム「スーパーカクテルデュオFOODs」「Usolia貿易業システム(VPort)」

販売・会計と貿易システムを連携させることで、国内外の商品マスタを一元管理

貿易業務の課題を解決します

  • ドキュメントを手書き・ワード・エクセルで作成しているため、担当者がいないとどこに何があるか分からない、処理が進まない。 共有化が出来ていない。
  • 貿易管理システムと販売管理システムが連携しておらず、二重入力が発生している。
  • 同じ内容を、別の書類や管理システムに入力しているため、修正があると非常に手間がかかる。
  • 商品名やコードを調べるのが大変。
  • 取引データが正確に把握できない。集計に時間がかかる。
  • 諸掛経費が多様で、原価の正確な算出が難しく、「実は赤字取引になっていた…」ということがある。
    しかし、複雑な計算に時間がかかっていては、人件費が余計にかかってしまう。
  • 見積業務の効率化と利益率の正確な把握で、他社との競合に打ち勝てる仕組みを作りたい。
  • 英語入力ができるシステムを探している。
  • 複数の通貨や通貨毎に小数点を使い分けたい。
  • 輸出、輸入それぞれで為替差損益を算出したい。

貿易業システム(VPort)の特長

1.煩雑なドキュメント作成の効率化を促進

  • PDF、テキスト、RTF、EXCEL出力による二次加工
  • ドキュメントの項目毎に印字有無設定、項目名変更をユーザー様自身にて可能


※クリックすると拡大します

2.利益を生む原価管理~各社固有の経費按分処理に柔軟に対応

  • 輸出 INVOICE単位での粗利算出
  • 輸入 きめ細やかな原価計算ロジックで商品単位のコスト算出
  • 商品毎の関税率や発生費用の設定が可能
  • 諸掛経費の通関単位での振り分け基準設定、課税、非課税設定、取引先請求に対応
  • 発注の分割入荷、複数同時入荷などの煩雑な入荷処理を簡素化

3.債権債務管理の徹底が資金繰りを強力にサポート、企業体質の強化を推進

  • 状況問い合わせと残高把握
  • 予定と確定による確実な決済
  • 仕入、支払、売上、入金の為替差損益を自動算出、基幹業務への連携も実現

4.基幹業務から派生した業務アプリケーション

  • 基幹業務連携を前提とした開発思想により、主要マスタを含めたシームレスな連携、直接参照を実現
    ※得意先マスタ、仕入先マスタ、商品マスタ、担当者マスタ、銀行マスタ、倉庫マスタ

5.貿易業務のコンプライアンスを実現するために

  • オペレーションの操作ログをオペレータ、端末毎に蓄積
  • 債権、債務管理データの基幹システム連携によるIT統制支援

次は、次はUsolia貿易業システム(VPort)の輸出業務システム・輸入業務システムをご紹介します

プライバシーマーク