クラウド対応の高齢者介護ソフト「絆Coreシリーズ」

クラウド対応の高齢者介護ソフト「絆Coreシリーズ」

入所サービス

入居系サービス

居宅介護支援

通所サービス

訪問サービス

地域支援システム

地域包括支援センターシステム

地域包括ケアに寄り添う絆Coreシリーズ

絆Coreは、地域の介護施設、自治体、医療などをつなぐ、高齢者介護システムです。
ケア向上や職員スタッフの業務効率化を支援し、介護現場を全力でサポートいたします。

地域包括ケアに寄り添う絆Coreシリーズ

ケア記録を支える3つのポイント

記録業務の強化

いつでも、どこでも、情報の登録、閲覧が可能

クラウドシステムのため、タブレットやスマートフォンからいつでもどこでも情報を閲覧・登録できます。
パソコンから帳票を出力せずにタブレットで利用者様やご家族様と会話をしたり、その場でデータ修正が簡単にできるようになりました。
また記録時の「動画保存機能」と利用者様の「電子署名機能」が追加されました。

記録業務の強化

センサーとの連帯

各種センサーやナースコールシステムとの連携を順次拡大

ナースコール、そして各種センサーからもたらされる情報は、自動で介護記録としてデータの取込を行います。睡眠センサーとの連携も可能となっており、入居者様がいつベッドから起きて部屋を出たのか、そして戻ってきたのかなど情報の見える化を行います。

センサーとの連帯

トータルケアを支援

各フェーズが連携しケアを進めていきます

利用者様を「総合的に把握する」には何が必要かを「全国高齢者ケア研究会」の民様と共に考え、システム開発に活かしています。
絆Coreでは、システムの各フェーズが連携し、ケアを進めていく機能を実装しました。

トータルケアを支援

トータルケアプログラムのポイント

  1. 多職種協働で利用者の状態を総合的にとらえる事
  2. 経過を観察し体調悪化の徴候をとらえる事(体調悪化を予測する)
  3. 対応後(ケア実施後)の経過を観察する事

クラウド対応の高齢者介護ソフト「絆Coreシリーズ」カタログダウンロード

本製品クラウド対応の高齢者介護ソフト「絆Coreシリーズ」の製品カタログをPDFにてダウンロードいただけます。


クラウド対応の高齢者介護ソフト「絆Coreシリーズ」カタログダウンロード

プライバシーマーク