スクラッチからパッケージ製品への移行で、豊富な機能をフル活用!

事務用機器製造業

取扱商品 事務用機器、金属製オフィス家具
導入システム Factory-ONE 電脳工場MF MRP版
導入業務 生産管理、販売管理、原価管理、在庫管理

製販一体型の生産管理パッケージで生産現場の見える化を実現!

導入前の課題

  • 現在使用している生産管理システムのサポート期限が終了しており、セキュリティ面などに不安がある。
  • システムの設計が古く、在庫管理・原価管理など業務の実態に即した機能が無い。
  • システムから、必要最低限のデータしか取り出せず、経営判断に必要なデータは手作業で集計している。

導入後の効果

  • 保守可能なパッケージ製品の導入により、継続性のあるシステムを構築。
  • 現状業務に合わせた機能を持ち合わせ、蓄積されたデータの有効利用ができるような生産管理システムの導入により、効率の良い業務運用が実現できた。
  • データ加工、分析が自由に行え、経営目線の情報提供が可能なシステムの導入で、経営判断に必要な資料作成をよりスピーディに行うことが可能になった。

ご提案システム

生産管理の立案・手配入力(資材所要量計画) ・発注・受入・仕入・在庫に至る『ものづくり』情報を管理します。
また受注・出荷・売上等の販売機能も標準装備しております。

システムのポイント

 POINT1  繰り返し生産に対応したMRP システムで業務を刷新! 

見込生産、繰り返し生産を『電脳工場MF MRP版』をベースに、新生産管理システムの構築をご提案。

  1. 基準生産計画(MPS)自動作成機能
  2. 繰返生産に対応したMRPシステム(ストラクチャー型部品表)
      ①所要量計算による自動手配機能(購入品・外注・社内工程)
      ②在庫の自動引落機能
  3. 約600帳票の管理資料・帳票(Csv / Excel / Pdf への変換)
  4. 在庫評価機能(月次総平均・最終仕入・標準単価) / 低価法
 POINT2  ハンディターミナルを活用し、受け容れ、作業実績、入出庫をリアルタイムで把握! 

 POINT3  必要な情報を様々な形式で取り出すことが可能。生産現場の見える化を実現! 

受注・出荷から生産計画、所要量計算、負荷管理、進捗管理、在庫管理など豊富な機能を標準装備。
製販一体型のシステムですので幅広い業務に対応!

所要量計算


立案された基準生産計画に基づき、所要量計算(MRP 処理)を行います。
品目構成マスターを基に、正味必要量に対して発注予定データを作成。

負荷管理


手配先や機械別の保有工数と、指示残数や基準情報の標準工数から単純山積計算した負荷工数を、日ごとに対比した負荷率を算出します。

個別原価照会


製番手配品目の原価集計を行います。
材料費、加工費、経費、間接費を、リアルタイムに製番別実際原価として集計します。

プライバシーマーク