貿易業務システムと連携し、海外との輸出入業務を効率化

化学製品卸売業

取扱商品 化成品・合成樹脂
導入システム スーパーカクテルデュオ販売
Vport
導入業務 販売管理、在庫管理、貿易業務

貿易業務システムと連携し、海外との輸出入業務を効率化

導入前の課題

  • 販売管理、在庫管理のシステムが独立しており連携していない
  • 各種取引情報が複雑で専門的な知識の蓄積がないと業務処理に支障をきたしてしまう
  • 貿易業務がシステム化されておらず、手間と時間がかかっている

導入後の効果

  • システムの一元化による情報共有で取引条件を可視化・標準化することで、誰でもミスなく効率的な業務が行えるようになった
  • 貿易システムを導入し、基幹システムとデータやマスタ連携、情報の一貫性や二重入力の防止が実現し、入力業務工数を削減することができた

システム構成図

システムのポイント

 POINT1  商品の単位は、運用上の単位と在庫管理単位を分けて管理することが可能 

在庫単位は、荷姿単位(利用者が入力する単位)と在庫管理単位の2種類ご用意。販売時は巻(ロール)、在庫管理上は平米、といった運用が可能です。

 POINT2  業界特有の多様な取引条件に対応 

取引先別に、取引可能商品、取引条件(単位/諸条項)、契約単価を管理します。複雑な取引条件をDB化しナレッジを共有することで、誰でもミスなく、正確な業務運用が可能です。

 POINT3  貿易管理パッケージと連携し、海外との輸出入に対応 

輸出入業務パッケージ「VPortSuper」と連携することで、貿易業務の効率化を強力に支援します。

プライバシーマーク