原価管理

販売管理・在庫管理・仕入管理

原価管理システム導入のメリット

「コスト削減」と「利益向上」は業種を問わず、企業が目指す命題ではないでしょうか。
利益の目標達成に向けて原価管理を行う際には、さまざまなデータを収集し、整理・分析といった処理が必要になります。
商品別の正確な原価計算を行い、多彩な統計資料やシミュレーション機能を利用すれば原価管理を効率化することができます。

原価管理システムでできること

原価
シミュレーション

過年度の実績や計画をベースに、変動値(原料価格の上昇など)を設定して、原価・収益に与える影響を分析。環境の変化にスピーディに対応し、迅速で的確な経営判断を支援します。

標準原価・実際原価の可視化

商品ごとに標準原価及び予定原価と実際原価を可視化することで差異の把握が可能。
予定原価と実際原価を比較できる「製品実績比較表」など多彩な統計資料を標準で装備。

自社運用に合わせた原価管理

原価(経費・労務費・原材料費など)の按分基準は、管理レベルや運用状況にあわせて、標準工数、実際工数、製品出来高から選択できます。

ウチダの原価管理

業種・業界別に最適なご提案

原価管理の仕組みは業種・業態ごとに異なります。あらゆる製造業にフィットする製品を豊富にご用意し、導入経験も豊富です。自社の生産管理業務にフィットしたシステムを選び、適切な機能を選択して利用することでよりスムーズな業務管理が可能になります。

モバイル端末活用

社内でしか見れなかった商品情報や顧客情報・在庫情報などの基幹システム内の情報を、タブレット上でどこでも閲覧できます。例えば、営業先で顧客との取引状況や商品情報といった欲しい情報をいつでも確認できるので、社内への問合せが不要になります。

原価の予実管理

予定原価と実際原価を比較できる「製品実績比較表」など多彩な統計資料を標準で装備。計画に対する製造数や歩留率などチェックでき、PDCAサイクルの確立を支援します。

クラウド版もご用意

クラウド版の生産管理システムは、導入コストを抑え運用負荷を軽減できます。
インフラ環境や面倒な初期導入プロセスなどを省略することが可能です。

他システムとの連携実績

販売業務に役立つ連携ソリューション
  • 貿易業務
  • 店舗管理業務
  • 通販業務
  • EOS / EDI
  • 専用伝票・ラベル発行
購買業務に役立つ連携ソリューション
  • WEB受発注
  • 就業情報管理
  • 作業情報管理
  • 品質情報管理
  • FAX配信

原価管理システムの主な導入業種

カスタマイズ、外部システムとの連携も柔軟に行え、規模を問わず幅広いお客様にご導入いただける原価管理システムです。

リンクよりさまざまな生産管理システムの導入事例をご紹介しております。

原価管理システムの機能

販売業務

  • 見積
  • 受注
  • 引当
  • 出荷
  • 売上

売掛業務

  • 請求
  • 売掛
  • 回収
  • 債権個別管理

購買業務

  • 発注
  • 入荷
  • 仕入

買掛業務

  • 支払予定
  • 買掛
  • 支払

CRM

  • 得意先情報照会
  • いつもの商品検索
  • 業務プロセス管理
  • 要望・クレーム管理

在庫業務

  • ピッキング
  • 棚卸
  • 入庫
  • 出庫
  • 在庫

統計業務

  • 販売・購買統計(実績評価)
  • EUC統計(Excel統計)

内部統制

  • 権限設定
  • ID / パスワード管理
  • 伝票修正履歴管理
  • 多角的伝票検索

原価管理システムラインナップ

原価管理パッケージ

食品製造・食品卸業向け

設備工事業向け

建材工事業向け

化粧品製造業向け

クラウド型会計管理

プライバシーマーク