在庫適正化による販売機会損失と在庫保有コストを削減

精密機械器具卸売業

取扱商品 パソコン関連部品(主に海外製品)デジカメ・スマートフォン部品
導入システム スーパーカクテルデュオ販売
EOS名人
導入業務 販売管理、在庫管理

在庫適正化による販売機会損失と在庫保有コストを削減

導入前の課題

  • 法人、個人の販売チャネル拡張に伴い業務プロセスが煩雑になり、手間がかかっている
  • 海外製品を多く扱っており為替レートの影響で同一製品でも日々単価が変わるため粗利把握がしにくい

導入後の効果

  • すべての取引形態での受注を一元管理する、在庫適正化による販売機会損失と在庫保有コストを削減
  • 商品原価は即時移動平均にて計算することで、実態にあった営業利益を把握。経営判断の迅速化と現場社員の収益に対する意識が向上した

システム構成図

システムのポイント

 POINT1  受注、入荷予定などを加味した未来在庫を予測 

自社・外部倉庫の在庫数、卸・Webからの受注数、入荷予定数も加味した未来在庫を可視化します。

 POINT2  輸入商品の仕入時点で移動平均単価を計算し、売上原価に反映 

輸入レートを換算した商品別即時移動平均計算を実施。実態にあった利益を把握します。

プライバシーマーク