帳票データ化ソフト「AnyForm OCR」

帳票データ化ソフト「AnyForm OCR」

帳票データ化ソフト「AnyForm OCR」とは

業務で利用される様々な帳票に対するOCR処理を実現

従来OCRは固定帳票にしか対応できなかったため、活用できる帳票が限定されました。
AnyForm OCRは、自社で作成した固定帳票だけでなく、
取引先システムから出力された様々なレイアウトの帳票にもご活用いただけます。
従来OCRに比べ、汎用性が高くデータ入力業務の生産性を向上させることができます。

帳票データ化ソフト「AnyForm OCR」の特長

誰でもできる帳票設計

従来OCRは、帳票設計作業が複雑であったため新規作成や既存OCR帳票の修正はメーカーや販売店に依頼する必要があり、時間とコストがかかっていました。AnyForm OCRは帳票設計がノンプログラミングで可能なため、自社内で運用ができ短期間でご利用いただくことができます。


OCR帳票設計(座標指定方式)

OCR処理したい項目のエリア(座標)を指定して、OCR帳票を設計する方法。帳票定義は必要ですが、非定型帳票の必要項目を選択するだけでかんたんに作成できます。

現場で使える豊富な機能

データ入力業務の現場意見を多数採用しています。
マスタ参照や明細行の演算処理など、実践的で使いやすい機能が豊富です。

明細自動演算機能

明細自動演算機能

独自の画像処理により、明細行の終端を認識することが可能。注文書や納品受領書などに対するOCRの活用範囲の拡大。

辞書マスタ機能

辞書マスタ機能

商品名や商品型番などにおいて、正しい値と誤りやすい値を紐づけて登録することができます。

エクスポート設定

CSV、TSV、XML形式でのファイル出力となります。また、出力イメージをプレビュー表示して確認することもできます。

マスター翻訳

帳票内の情報をもとにマスター参照し、必要な情報の画面表示やデータ出力が行えます。

入力中イメージ表示

OCR結果の確認時に元画像を拡大表示します。視線の移動が少なく、確認ミスを防止します。

分割表示

明細の特定の場所を固定で表示させたまま、他の部分をスクロールすることができます。限られた画面スペースで効率的に明細内容が確認できます。

簡単な連携設定

充実した他製品との連携機能で、簡単に連携設定ができます。
AnyForm OCRとRPA製品の連携により、注文や申込書など様々な帳票のデータ入力業務が効率化できます。

簡単な連携設定

認識結果の確認が簡単

認識結果の確認が簡単

認証精度が高いので、変更・修正の回数が少なく済みます。
読み取る項目に応じてOCRエンジンの選択が可能です。
加えて、項目演算設定や項目検証設定など、文字認識結果の精度を向上させる機能設定で簡単に確認が可能です。

帳票データ化ソフト「AnyForm OCR」ができること

可変明細に未対応など、
実業務では使いにくい

限定した帳票しか
OCRが利用できず、
業務の生産性が上がらない

FAX等、オペレーションの
制約がある帳票のデータ化では
使えない

帳票のデータ化業務に 必要な機能が揃っている

帳票のデータ化業務に
必要な機能が揃っている

OCRには、帳票設計やOCR結果の確認・修正ツールだけでなく、受け取った帳票の仕分け機能や後続システムとスムーズな連携に必要なデータ出力機能などが必要です。AnyForm OCRは、これらのツールや機能がオールインワンのパッケージとしてご提供します。

様々な帳票でOCRが活用でき データ入力業務の生産性を向上

様々な帳票でOCRが活用でき
データ入力業務の生産性を向上

OCRを導入しても、一部の帳票にしか活用できないのであれば十分な投資効果は得られません。操作性の高い帳票設計ツールを搭載したAnyForm OCRは、書式を問わず様々な帳票に活用できるため効果がすぐに得られます。

FAXなど、手書き帳票の データ化でも使いやすい

FAXなど、手書き帳票の
データ化でも使いやすい

受注業務ではまだまだ多いFAXによる注文書の受領。FAX特有の歪みや傾きなどを補正して、精度高く文字を認識します。OCRが活用できないフリーフォーマットの手書き帳票には、FAX受注システム「AnyForm FAX CTI」にて入力業務を支援します。AnyForm OCR と AnyForm FAX CTI は連携することができるため、FAX注文書を一元管理します。

帳票データ化ソフト「AnyForm OCR」資料ダウンロード

本製品、帳票データ化ソフト「AnyForm OCR」の製品カタログをPDFにてダウンロードいただけます。


プライバシーマーク