最新データで見る!新型コロナで変化したデジタル化への企業の意識

最新データで見る!新型コロナで変化したデジタル化への企業の意識

コロナ禍を生き抜く企業の共通点

 人と人が密集しない働き方、いわゆるテレワークが政府より推奨された影響で、中小企業のデジタル化に対する意識は高まりました。2021年版中小企業白書によれば、コロナの流行前後でデジタル化に対する優先度が高いと答えた企業は16ポイント増加しています。

▼ 図1 デジタル化に対する優先度の変化(感染症流行前後)
デジタル化に対する優先度の変化(感染症流行前後)

参考:中小企業庁「2021年版 中小企業白書・小規模企業白書 概要」より

 また、中小企業庁の調査では、労働生産性の高い中小企業はIT投資に積極的に取り組んでいるという結果も出ています。

 右の図はIT投資開始企業と投資非開始企業の売上高経常利益率の比較です。IT投資を早期に開始した企業は、投資していない企業と比較して経常利益率大幅にが上昇していることがわかります。

 コロナ禍の今だからこそ、人手不足や生産性の低下といった長きにわたる課題に目を向けてみてはいかがでしょうか。

▼ 図2 IT投資開始企業とIT投資非開始企業の売上高経常利益率

参考:中小企業庁「中小企業のデジタル化に向けて」より

デジタル化への主な課題

ITツール検討~採用・利用継続までの意思決定プロセス

デジタル化への主な課題

「現場は人手不足でデジタル化を必要としているが、経営者に理解してもらえない」
「業務フローをデジタル化したいが、作業者が作業手順の変更に納得してくれない」
デジタル化が進まない原因の1つに、各意思決定プロセスにおける反対意見が挙げられます。「認知」「評価」「計画」「実行」「継続」のプロセスで、それぞれデジタル化に納得してもらえるよう、準備する必要があるのです。

デジタル化推進の3つのポイント

手段と目的を見誤らない

手段と目的を見誤らない

 デジタル化を進めるためにまず考えなければいけないのは、「今ある課題をどうしたいのか」です。課題を解決するために様々な案があり、その中で最も効率的であるデジタル化を選択する、という認識を忘れないようにしましょう。デジタル化することで満足してしまっては、費用と手間がかかるばかりで生産性や効率は変わらない…ということになりかねません。

必要に応じて外部の手を借りる

必要に応じて外部の手を借りる

 デジタル化の初心者である既存社員に、専門的な課題抽出や計画を一任するのは得策ではありません。折角手間や時間をかけて戦略を立案するのですから、成果を最大化するために、必要に応じて外部の専門家を活用しましょう。第三者の目線に立ってもらうことで、これまで見えてこなかった課題を発見することが出来るかもしれません。

経営者が積極的に関与する

経営者が積極的に関与する

 最初はスモールスタートで始めるデジタル化ですが、計画を立案するためには社内のいろいろな部門を横断する必要があります。時には業務プロセスの見直しなど、抜本的な改革を必要とすることにもなります。企業のデジタル化の方針をあらかじめ経営者が決定し指し示すことで、全社的な取組として進めることが可能となります。

業務のデジタル化は課題別に検討

 人手の不足や社会情勢に応じた新しい働き方の採用など、どの企業も今後必ずデジタル化に迫られる機会があります。上記の3つのポイントを踏まえて、何が必要なのかを見定め準備を進めていきましょう。

 内田洋行ITソリューションズでは、様々な業務課題に対するソリューション提案を行っております。もしもの事態に備えるバックアップツールや、従業員の勤怠管理を安価に効率化するツール、日頃発生する単純作業を自動化するサービスなど、ITソリューションにお悩みの方は是非お気軽にご相談ください。

重要情報をしっかり保管したい

UC+クラウドバックアップ


不測の事態に備える!
リアルタイムで状況把握することができるクラウドバックアップシステム

勤怠管理業務を効率化したい


初期設定費用0円、サポート費用込み月額300円/1人で使用できるクラウド勤怠管理システム

単純業務を自動化したい

AirRepo(エアレポ)


帳票やOfficeファイルを保管から配信・通知、削除までを自動化する文書自動配信サービス

プライバシーマーク