BI / データ分析

企業データの見える化で価値ある情報を経営に活かす

現場の業務報告や経営戦略において企業データの集計や分析は欠かせない重要なものです。
「BI(ビジネス・インテリジェンス)」とは、企業内に存在するさまざまな「データ」の収集・蓄積・分析を基にした、経営の計画実施に役立てることを指します。
BIツールを導入することで、専門的な知識がなくても誰でもデータを見える化することができ、分析結果を効果的に活用できるようになります。

BIツールでのデータ分析をするメリット

集計・分析業務の短縮・効率化

Excelを使い手作業で集計業務を行い、必要な形式のレポートを作成するのは膨大な手間と時間を要します。
BIツールは、基幹システム(ERP)に蓄積されたデータを使って、誰でも簡単に集計や分析ができる機能を持っています。
BIツールがあれば専門的なスキルを必要とせずに、データの操作や分析を行うことができます。

最適なカタチ・必要な形式でのレポート出力

BIツールは、集計のレイアウトや配色など豊富なデザインを自由に組み合わせて、見やすくわかりやすいものに可視化することができます。
また、用意されているテンプレートから自社に合わせて様々な角度での分析も可能です。
レポートは運用に応じて、「PDF」「Excel」「CSV」「Word」「PowerPoint」など様々なファイル形式で出力が可能です。

BIツールの活用でできること

経営でBIを活用

シミュレーションによる計画立案

予算編成時や、経営計画策定時など過去のデータをもとに条件の変化によって売上や利益がどのように変化するのかをシミュレーションして根拠のある計画立案が可能です。

生産現場でBIを活用

売上予測のシミュレーションが可能

得意先や担当者、商品ごとの変化を月度、年度ごとに抽出し変化の内訳を分析したり、定期的に売り上げていた商品の停滞を確認して課題を早期に発見したり、目標と実績の達成度合となる予実管理を把握するためのケース分析も、BIツールで簡単に行うことができます。

営業現場でBIを活用

数値やグラフで視覚的に伝える

顧客への提案書やプレゼンテーションの資料は、わかりやすく視覚的に効果を伝える必要があります。
BIツールを使い、自社製品を利用した場合の効果やメリットを具体的な数値でグラフ化して示すことで、営業活動の説得力を支援します。

BIツールでデータ分析を支援する製品・サービス

データ集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」

Dr.Sumは、現場担当者がデータ活用するための「フロントデータベース」です。
必要なときに必要なデータを入手し、レポート作成や分析への利用ができます。

情報活用・可視化ツール「MotionBoard」

気づきを促進させるBIダッシュボード「MotionBoard」は、グラフィカルな表現と豊富な機能で気づきを促進し、行動を促すことが可能です。

プライバシーマーク