IT補助金 2019年は上限450万へ大幅UP 採択数は減少の見通し

最終更新日:2019年4月23日

IT導入補助金とは

中小企業の業務効率化を目的としてITツール導入を補助金で支援

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

IT導入補助金は、日々業務が発生する経理等のルーティン業務を効率化させるITツールや、顧客等の情報を一元管理するようなクラウドシステム等の導入にご活用いただけます。

補助対象者は

中小企業・小規模事業者等

中小企業・小規模事業者等
(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

  • 足腰の強い経済を構築するため、生産性の向上に資するITツールを導入する事業を実施する、日本国内で事業を行う『中小企業・小規模事業者等(法人または個人)』であり、法人の場合『みなし大企業』でないこと。
  • 本事業を実施することにより、3年後の生産性の伸び率が1%以上、4年後:1.5%以上、5年後:2%以上となる計画を立てられること。
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律で定める「風俗営業」、「性風俗関連特殊営業」及び「接客業務受託営業」を営むものでないもの。
  • 中小企業・小規模事業者等又はその法人の役員が、暴力団等の反社会的勢力でないこと。反社会的勢力との関係を有しないこと。

2019年IT導入補助金の金額は

2019年IT導入補助金の上限額・下限額・補助率

補助上限額・下限額

A類型

上限額:150万円未満
下限額:40万円以上

B類型

上限額:450万円以下
下限額:150万円以上

補助率

1/2以内

2019年IT導入補助金のスケジュール

2019年IT導入補助金の公募期間・採択予定日・実施期間など

公募期間

A類型

5月27日(月)~6月12日(水)

B類型

5月27日(月)~6月28日(金)

採択予定日

A類型

6月26日(水)

B類型

7月16日(火)

事業実施期間

交付決定から5ヶ月を予定

※スケジュールは2019年4月15日時点の情報です。スケジュールは事務局の都合により変更されることもございます。

2019年IT導入補助金のスケジュール

2019年IT導入補助金の対象となるITツールは

ソフトウエア費、導入関連費等

※事務局に登録されたITツールが補助金の対象です。

 ITツールとは 
  • ITツールとは、システム化が不十分な業務分野に導入されるソフトウェアと、関連するオプション、役務からなり、補助事業者の労働生産性向上に資するものとします。
  • IT導入支援事業者は、ITツールを事前に登録しなければなりません。
  • 申請されたITツールは、外部有識者と外部審査委員会によって審査が行われ、登録の採否を決定します。

以下は本補助金の対象外となります

  • ハードウェア・組込み系ソフト・スクラッチ開発
  • 料金体系が従量課金方式・広告宣伝費を含む
  • 会員登録した利用者に対する情報提供サービス
  • 緊急時連絡システム、BCPシステムなど恒常的に利用されないシステム
  • VR・AR用コンテンツ制作、デジタルサイネージ用コンテンツ制作、コンテンツ配信管理システム
  • 利用者が所有する資産やブランドの価値を高める目的のシステム

2019年IT導入補助金のITツールに必要となる機能(プロセス)は

「ソフトウェア」「オプション」「役務」の3区分

補助対象となるITツールは「ソフトウェア」「オプション」「役務」の3つに区分されます。ソフトウェアは下記の①~⑩のプロセスを含む必要があります。

申請類型と申請可能なITツールのプロセス数

「A類型」と「B類型」で申請に必要となるプロセスの数が異なります。

A類型の申請条件
赤枠内から最低1つ以上の業務プロセスが選択され、青枠内から計2プロセス以上が含まれる必要があります。

B類型の申請条件
赤枠内から3つ以上の業務プロセスが選択され、青枠内から計5つ以上のプロセスが含まれる必要があります。

2019年IT導入補助金の申請類型と効果報告は

A類型での申請⇒ 2020年4月から2022年4月までの3回の効果報告が義務
B類型での申請⇒ 2020年4月から2024年4月までの5回の効果報告が義務

昨年のIT導入補助金の申請ITツール例をご紹介

2018年度、内田洋行ITソリューションズが登録していたITツール(製品)例

補助の対象となるものは事前にITツールとして登録・認可されたソフトウェアのみとなります。



●建設業ERPシステム 「PROCES.S」
●奉行シリーズ、大臣シリーズ(会計ソフト、人事・給与管理ソフト)
●UsoliaMICS墓石石材業トータルシステム(CAD)
●食品業向けソフト 「食品大目付そうけんくん」「HACCPクリエータ」
●福祉施設向け記録システム「絆高齢者介護システム」
●BIツール、資産管理ツール、勤怠管理システム、グループウェア、RPAソフト、CTIツール等

2019年IT導入補助金過去2年との比較

予算減少と単価の増大により、今年の採択の倍率はかなり高くなる見込み

予算減少と単価の増大により、今年の採択の倍率はかなり高くなるのではないかと見込まれております。
また、下限も40万円に増えております。これは補助額ですので、最低80万円以上のITツールの購入が必要となります。

2017年 2018年 2019年
所轄官庁 経済産業省 経済産業省 経済産業省
予算総額 100億円 500億円 100億円
補助対象者 中小企業、小規模事業者 中小企業、小規模事業者 中小企業、小規模事業者
補助対象となる
ITツール
事前登録されたパッケージ
ソフト・サービス導入費
※ハードウェアは対象外
事前登録されたパッケージ
ソフト・サービス導入費
※ハードウェアは対象外
事前登録されたパッケージ
ソフト・サービス導入費
※ハードウェアは対象外
補助率 案件総額の3分の2 案件総額の2分の1 案件総額の2分の1
補助額 20万~100万円 15万~50万円 40万円~450万円
交付申請書受付 一次公募
申請期間:2017年1月27日~2月28日

二次公募
申請期間:2017年3月31日~6月30日

一次公募
申請期間:2018年4月20日~6月7日
交付決定:2018年6月14日(木)
二次公募
申請期間:2018年6月20日~8月3日
交付決定:2018年8月15日(水)
三次公募
申請期間:2018年9月12日~11月19日
交付決定:2週間毎計5回
一次公募
<A類型>
申請期間:2019年5月27日~6月12日
交付決定:2019年6月26日(水)
<B類型>
申請期間:2019年5月27日~6月28日
交付決定:2019年7月16日(火)
二次公募
申請期間:2019年7月中旬開始予定
交付決定:未定
事業実施期間 約3ヶ月 約3ヶ月 約5ヶ月
交付決定件数 約14,300件 約63,000件 予想8,000~12,000件

2019年IT導入補助金の申請・手続きの概要

「事業実績報告」「事業実施効果報告」は、中小企業・小規模事業者等のみなさまに作成(入力)いただいた内容を元に、報告を行っていただきます。

2019年IT導入補助金の手続き

交付決定後の契約が必要
交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることができません。ご注意ください。

2019年IT導入補助金の交付申請の流れ

IT導入補助金の活用を考えるなら今から準備を!

採択が厳しい2019年のIT補助金。実績のある代理申請業者の選定を!

補助金の申請には様々な条件や、購入予定のITツールの登録も事前に必要となります。
また、前述の通り本年の採択は厳しく、申請に際しても採択されやすいテクニックが必用となることが考えられます。
そのためにも、代理申請を行う業者の選定が重要となってきます。

2019年のIT導入補助金もお任せください!

内田洋行ITソリューションズでは過去2年、IT導入補助金で豊富な申請件数から高い採択率を得ております。

具体的にIT導入補助金の活用し、ソフトウェアの導入を考えている方や、まだ何も決まってはいないが、補助金がでるなら生産性が向上するITツールの導入を検討したいといったお客様まで、申請実績豊富な内田洋行ITソリューションズへお気軽にご相談ください。

下記お問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。

プライバシーマーク