人手不足を解消する3つの具体例をご紹介!肉体労働の負荷を軽減するソリューションとは

人手不足を解消する3つの具体例をご紹介!

人手不足を解消する働き方改革

2050年には全国の51%の地域で人口が半減する可能性

人手不足を解消する働き方改革

 安倍内閣が2016年から主導してきた「働き方改革」の発端は、少子高齢化による人手不足問題です。
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局の「将来に予想される社会変化」によれば、2050年には全国の約半数の地域で人口が50%以上減少し、うち2割では無居住化することが予想されています。

 企業が安定経営するために、人手の確保は重要課題です。本記事では、従業員が離職する理由や、離職を防止するための具体例、改善が難しい「肉体労働」の負荷軽減ソリューションをご紹介します。

参考:内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局「将来に予想される社会変化」

人手不足に陥る理由

人手不足に陥る理由

参考:参考:内閣府「平成30年版 子供・若者白書」

  内閣府の子供・若者白書によると、16~29歳の就業経験者が初職を離職した理由について「仕事が自分に合わなかったため」が43.4%で最も多く、「人間関係がよくなかったため」が23.7%、「労働時間、休日、休暇の条件がよくなかったため」が23.4%、「賃金がよくなかったため」が20.7%と続いています。

 想定と実態のギャップや、労働環境への不満が離職に繋がっているということです。特に「労働時間、休日、休暇の条件がよくなかったため」や「賃金がよくなかったため」などの労働環境への不満であれば、企業が対策を講じることで離職希望を抑えることが可能です。

離職を防止する具体的対策例

魅力のある職場づくり

魅力のある職場づくり

 業務プロセスや成果に対して評価制度を整えることや、業務研修制度を充実させることによって従業員が労働環境に対して抱える不満を軽減することができます。従業員の不満が少ない、魅力ある職場づくりを企業が心掛けることによって、離職率を低下させます。

 企業は、雇用管理制度を導入して雇用管理の改善を行い、離職率低下に取り組むことで助成を受けられる「人材確保等支援助成金」を活用できます。

長時間労働の防止

 長時間労働を強いられることにより、従業員は精神及び肉体的健康を損なう恐れがあります。働き方改革の3本柱の1つである「長時間労働の是正」は、企業が最も優先すべき事項の1つといえます。

 中小企業・小規模事業者が時間外労働の上限規制等に円滑に対応するため、企業は生産性を高めながら労働時間の短縮等に取り組む事業主に対して助成する「時間外労働等改善助成金」を活用出来ます。

長時間労働の防止
効率化技術への投資

効率化技術への投資

 人手不足に対して生産性を維持するためにマンパワーを駆使すると、既存の従業員へ業務負荷がかかり離職に繋がる恐れがあります。

業態に合ったシステムや業務支援ITツールを導入することで、業務が効率化され既存の従業員の職場定着を図ることができます。

肉体的負担を解消するソリューション

 上記の対策の中でも「効率化技術への投資」は最もスピーディに着手できます。
しかし、連携システムや自動化ツールで効率化する事務業務に比べて、福祉現場や農業における肉体労働の軽減はITツール導入だけでは難しいでしょう。機械で代替できない細かな肉体労働は、従業員の健康にも影響を及ぼします。

 本記事で紹介する「マッスルスーツ」は、空気圧を利用したアシストスーツで働く現場の腰への負担を軽減し、日常の力仕事をサポートします。電気を使用しないのでどこでも動作でき、本体重量が軽いため女性や高齢者でも使いやすく、福祉現場や農作業における負荷を軽減することが可能です。

マッスルスーツ エブリィ

「マッスルスーツ エブリィ」カタログダウンロード

本製品「マッスルスーツ エブリィ」の製品カタログをPDFにてダウンロードいただけます。


マッスルスーツ エブリィ ダウンロード

参考
厚生労働省「人材確保等支援助成金」:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000199292.html
厚生労働省「労働時間・年次有給休暇・賃金・安全と健康確保対策」: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/subsidize.html#01-01

【本記事に関する免責事項】
当サイトへの情報・資料の掲載には注意を払っておりますが、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
また、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うものではありません。

本記事の関連記事はこちらです

定型業務効率化

業務改善の第一歩は
ルーチンワークの見直しが鍵!

基幹システム

基幹システムとERPを徹底比較!導入前に確認すべき3つのポイントをチェック

BCP対策

BCP/DR対策はお済ですか?予期せぬ事態から事業データを守る3つの準備

プライバシーマーク