電子帳簿保存法に対応するために契約は紙を使わず対応したい

電子帳簿保存法対応の機会に!業務をITで効率化しましょう

こんなお悩み、ありませんか?

  • まずは帳簿をどうにかしたい
  • メール・FAX受注を電子化したい
  • 領収書・請求書を電子化してワークフローをシステム化したい
  •  契約は紙を使わず対応したい 
  • 社内から紙保管をなくしたい

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法は、正式には「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」と言います。国税関係帳簿書類の保存をこれまでの紙文書ではなく、電子データでの対応を認めた法律です。電子取引をしているすべての企業を対象として、改正される要件に対応する必要があります。

契約業務にまつわる課題と改善策

  • 契約を締結するまでのリードタイムが長く取りこぼしが発生する恐れがある
  • 印紙代や郵送費などのコストを削減したい
  • 紙書類への押印のためだけに出社しなければならないことがある

  • 電子契約でリードタイムを圧縮し契約の取りこぼしを防止
  • 収入印紙や郵送・印刷にかかわるコストを削減
  • 電子化で契約事務や経理担当事務もテレワーク対応可能に

契約は紙を使わず対応したい

A.契約プロセスを電子化

紙書類を用いた契約作業は締結までに時間がかかり、取りこぼしが発生する原因となります。
契約プロセスを電子化することで、締結までのリードタイムを短縮し 取りこぼしを防ぐ ことが可能です。また、 収入印紙や郵送・印刷費、それらにかかる手間を削減 することが出来ます。

プライバシーマーク