電子帳簿保存法に対応するために社内から紙保管を削減したい

電子帳簿保存法対応の機会に!業務をITで効率化しましょう

こんなお悩み、ありませんか?

  • まずは帳簿をどうにかしたい
  • メール・FAX受注を電子化したい
  • 領収書・請求書を電子化してワークフローをシステム化したい
  • 契約は紙を使わず対応したい
  •  社内から紙保管をなくしたい 

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法は、正式には「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」と言います。国税関係帳簿書類の保存をこれまでの紙文書ではなく、電子データでの対応を認めた法律です。電子取引をしているすべての企業を対象として、改正される要件に対応する必要があります。

紙書類の保管にまつわる課題と改善策

  • 保管義務のある書類が大量に印刷され、保管コストがかかっている
  • 印刷・ファイリング・整理業務だけで手間がかかる
  • 確認したい書類があっても、検索等出来ず見つけ出すだけで時間がかかる

  • 紙書類の電子化で省スペース・省コスト化・情報を一元化
  • 基幹システム連携で必要な書類を必要なときに簡単に検索

社内から紙保管を追放

電子帳簿保存法に対応するために社内から紙保管を削減したい

A.紙書類をスキャンしてデータ一括保管

紙書類の保管は、場所の確保や定期的な整理作業に手間がかかるほか、見たい書類を探すだけで時間がかかってしまいます。
紙からデータへ切り替えることで、 省スペース・省コスト 化を実現することが出来ます。システム内で見たい情報を すぐさま検索 でき、閲覧制限など活用することで、 高いセキュリティ性 を確保することが可能となります。

プライバシーマーク